IT事業者におすすめの営業代行会社/サービス8選

IT事業者におすすめの営業代行会社は?



IT事業者が営業代行を選ぶ際のポイント



営業代行はIT事業者にとって良いパートナーになる事もありますが、
IT事業者が営業代行を利用しても正しく成果に繋がらない事もあります。

成果に繋がらないケースでは
1,自社への専門知識がない営業代行に依頼してしまう。
2,アポの獲得が目的か、クロージングまでの依頼なのか。自社の課題を明確にする。
3,アポ獲得だけでいいのであればツールを利用してコストを下げるべき。

といった問題が起きる事が多く見受けられます。
そこで、まずはI T事業者が営業代行を利用する際の注意点を見ていきましょう。

①自社の領域への専門知識を備えている営業代行会社を選ぶ



まずは、あなたの企業が、業界全体の中で、どの部分で最も専門性を発揮しているのかを明確にしておく必要があります。例えば一口に「システム開発」と言っても、webシステムの開発に専門性があるのか、あるいはスマホアプリの開発に専門性があるのかによって、必要とされる営業マンの知識・スキル・ノウハウは全く異なったものになります。
 営業代行は専門知識が無いとクロージングにまで持っていけないケースも発生します。あなたの会社がかけたコストが無駄にならないように、まずはあなたの会社の専門領域をきちんと整理し、できる限りあなたの会社の強みを理解してくれる営業代行会社に依頼するようにしましょう。

②アポ獲得が目的か、クロージングまでの依頼か明確にしておく



自社の専門性を確認し終えたら、次にやることは、「目的を明確にする」と言うことです。
依頼する目的が、「アポ獲得のみ」で良いのか、あるいは「アポ獲得から商談/クロージング」までが必要なのか、もしくは「クロージングまでで良い」のかによって、金額やメニュー、サポート内容が大きく変わってきます。
あなたの会社が、どこの部分で最も苦労されているのか、どこの部分で最も成果を発揮したいのかを明確にすることをオススメします。
「ボーリングのセンターピン」のように、あるポイントをクリアできれば、あとは自動的に大きなパフォーマンスが期待できる。まずはあなたの会社の中で、そんな「センターピン」がどこにあるのかを明確にしておきましょう。

③アポの獲得のみを依頼するのであればツールを利用する事を考える



もちろん、アポイントからクロージングまで、全て一任して自動化できるのであれば、それが最も楽かもしれません。その際には前述の通り、I Tの営業代行を依頼する際には、あなたの会社の専門性を理解した業者に依頼するのがポイントとなりますし、それなりのコストも確保しておかなければなりません。
しかしながら、その専門性に長けた上で、さらにあなたの会社の強みや魅力をしっかりと把握してくれる業者を探すのは、かなり大変です。
そうした方々は、まずは手始めに「daniel(ダニエル)」といった、自動でアポイントをとってくれるツールを利用してみるのがオススメです。

IT事業者におすすめの営業代行会社6選



daniel(ダニエル)



サービスの特徴


170万件以上の企業から、156項目で企業を絞り込み、成約可能性の高い企業リストを10秒で作成。成約率を判断するために必要な高コストのテストコールも一切不要。リストが完成したらAI営業マンが自動でアポを獲得してくれる斬新かつ最もシンプルな仕組み。
余計なことを考えず、とにかく低コストで圧倒的なアポ獲得件数を重視したい方にオススメ。

1アポ獲得にかかる費用


1件あたり8,000円〜12,000円

サービス名:Daniel
提供会社:(株)Quick Work
費用感:低
初期費用等:無料
コスパ:◎
サービスURL:ダニエルをチェック
サービス提供企業URL:quickwork
問い合わせ番号:-
問い合わせメールアドレス:問い合わせはこちら



アポハンター



サービスの特徴


営業戦略の立案から、セールストークの設計。テレアポリストの作成や、アポ獲得率をあらかじめ推測する、いわゆるテストコールなしの場合だと300,000円の初期費用でサービスが受けられるが実際には、テストコール付きでの契約となることが多い模様。
各社に専属担当者がつき、「月次コール結果報告レポート」の提出が受けられる。クライアントはこのレポートにもとづき、当該月の分析と次月の戦略を担当者と一体となって立てることができる。

IT業者にオススメの理由


 全てはテストコール時のアポ率がベースとなり、アポ率7%〜の15,000円から、アポ率1%〜1.9%の55,000円の幅がある。アポ率が1%を割る案件に関しては個別相談となる。リストにおける全体のアポ率も把握できるため、売上の見込みが立てやすい。

サービス名:アポハンター
提供会社:アズ(株)
費用感:高
初期費用等:初回稼働費用:1,000,000円/回
営業報告・業務管理費用:100,000円/月
サービスURL:アポハンター
サービス提供企業URL:az株式会社
問い合わせ番号:03-5227-6211
問い合わせメールアドレス:問い合わせはこちら

IB式営業代行サービス



サービスの特徴


 初期費用等が一切なく、完全成果報酬型。1商談につき16,500円で統一されているため、最もわかりやすい料金体系。月会費などの固定費が一切存在せず、一気に営業をかけたい時にのみ依頼することができる。

IT事業者におすすめの理由


抱えている案件が多い時には、正直あまり営業をかけたく無いのが本心だが、他のサービスでは営業をかけようがかけまいが月額費用が発生してしまう。
I B式営業代行サービスなら「必要な時に、必要なだけ」営業をかけることができ、小規模I T事業者であっても固定費を圧迫しないため、損益分岐点を低く抑えることができる。

サービス名:IB式営業代行サービス
提供会社:(株)アイランド・ブレイン
費用感:普通
初期費用等:なし
サービスURL:アイランド・ブレイン
サービス提供企業URL:企業HP
問い合わせ番号:0120-252-764

EBAのWEB営業代行



サービスの特徴


 このサービスでは営業代行のみならず、当社が保有する、電話・訪問・メールによる営業ノウハウについての提供が受けられ、コンサルを受けることも可能。営業のプロ集団によるコンサルティング会社によるサービスといった特色が強い。

IT事業者におすすめの理由


 WEB営業代行のサービスでは、とにかくI Tの分野に特化していて、クライアントが提供しているWebサービスを完全アウトソーシングすることが可能。自社システム開発などの本業に専念することができる。

サービス名:EBAのWEB営業代行
提供会社:EBA(株)
費用感:高
初期費用等:初期費用:なし
継続費用:500,000円/月 ※成果報酬なし
サービスURL:EBA株式会社
サービス提供企業URL:企業HP
問い合わせ番号:03-5778-4829
問い合わせメールアドレス:問い合わせはこちら

営業代行JP


サービスの特徴


固定報酬型・成果報酬型を選ぶことができ、お試しサービス(59,800円)を選ぶことも可能。電話のみならず、各種ツールを活用したリモート営業の代行も行っている。「プロ集団による営業代行」というワードがキャッチコピーであり、クロージングまでの高度な業務も対応可能。

IT事業者におすすめの理由


IT・ソフトウェアのBtoB新規開拓営業にも強く、またリモート営業ノウハウにも長けているため、安心して任せることができる。

サービス名:営業代行JP
提供会社:(株)タスク
費用感:普通
初期費用等:初期費用:なし
固定型:20,000円/日当
スポット型:10,000円/1商談
サービスURL:営業代行JP
サービス提供企業URL:営業代行JP
問い合わせ番号:03-4405-4300
問い合わせメールアドレス:問い合わせはこちら

CENTRIC



サービスの特徴


セールスを、「ターゲッティング」「リサーチ」「クロージング」「フォロー」の4プロセスに分割し、個別に代行業務を依頼することができる。他の代行業者と異なり「テレアポ・1コールあたり」「WEB上からの営業リスト作成・1件あたり」といった、細かな料金体系が特徴。最低請求金額は30,000円(税抜)から。

IT事業者におすすめの理由


小ロット案件からも対応してもらうことができ、黎明期のI Tベンチャー企業にとっても手軽な料金体系。ただし、大きな営業戦略を立てる際には割高となり、不向きと言える。


提供会社:CENTRIC(株)
費用感:依頼件数による
初期費用等:なし
サービスURL:CENTRIC
サービス提供企業URL:企業HP
問い合わせ番号:03-6912-5164
問い合わせメールアドレス:問い合わせはこちら