営業代行とは?業者の選び方とおすすめサービス9選

営業代行のサービスには、単なる営業部隊の人員補強はもちろん、テレアポ代行など業務を切り出してサービス化している会社が多くあります。

本記事では、各会社のサービス内容や料金など、費用感をあわせて紹介します。

営業代行とは?



営業代行と一口に言っても、新規顧客獲得のためのテレアポやメールを代行してアポイントに繋げるサービスもあれば、そこからクロージングまでを担当してくれるサービスなどもあります。

そもそも営業部隊を0から立ち上げる、という依頼も可能です。

各企業によって営業部分において補いたい部分は様々ですが、営業代行はどのようなことができるのか、整理してみましょう。

営業代行のサービス内容!できる事は?



営業代行のサービス内容は、頼もうと思えば全ての営業活動を外注することが可能です。

こちらの図は、営業全体のプロセスを簡易的に表したものです。

営業活動のプロセス図


こちらの図の赤くなっている部分
・リスト作成
・テレアポ
・メールでのアポ取り

が、いわゆる営業代行が提供するサービスですが、
営業代行会社によっては、図の紫色の部分である組織設計や目標設計などのコンサルティング業務。
更には商談に繋げるまでの展示会、web広告などのマーケティング活動(図の黄色の部分です)や
既存顧客のアップセルまで代行して行う会社もあります。

つまり、営業代行会社へは営業活動の全てを依頼することが可能です。

ただし多くの事を頼めば頼むほど、費用としては当然高くなり、依頼する範囲や規模感に応じて料金は高くなっていきます。

また、全ての営業代行会社がコンサルティング業務などに対応している訳ではなく、タイプやサービス展開により、可能な業務範囲は異なります。

なので、次に営業代行会社がどのようなタイプに分かれるのかを見ていきましょう。

営業代行サービスの種類



営業代行を区分していくと、大きく3つのタイプに分けることができます。

営業代行企業の種類、タイプ分け


<1>総合型
テレアポやメールでの問い合わせだけではなく、
・展示会やwebマーケティングでの見込み客の創出
・社員教育/研修
・見込み客のナーチャリング(顧客教育)
までを全て取り扱うタイプです。

顧客フォローやアップセルなど、獲得後の活動も可能なので幅広い依頼ができます。

もちろん、全ての依頼をする必要はなく、テレアポのみなど、業務の一部を切り出して依頼することも可能です。

新規商材があるにも関わらず営業の知見がなかったり、営業部隊が確立されていない企業や、既存の営業活動を1から見直したい企業は、まず統合型の大手営業代行企業に相談することがベターです。

<2>新規獲得型

リストの作成〜メール・電話での問い合わせ代行を中心に、サービス展開する営業代行会社をさします。

新規獲得型の中に、 ・固定費用型(例:50万円〜/月ベースで営業活動を代行...) ・成果報酬型(例:2万円〜/アポ1件、4万円〜/成約1件...) ・call課金型(例:200円〜/電話1件...) といった費用形態を展開する会社がほとんどです。

既存のある程度軌道に乗っている営業部隊を拡張したい企業や、人員不足により新規顧客開拓がうまく回せていない企業の場合は、マッチ度が高いでしょう。

<3>既存顧客フォロー型

既存顧客へのフォロー対応やアップセル、休眠顧客の復活などの代行を得意分野としています。

サービスの費用感は商材によって異なります。

顧客量が多い企業は、顧客対応のみの依頼も可能です。

新規獲得の営業活動に限界を感じている企業は、施策の1つとして試したり、既存顧客のフォローに手が回っていない際の利用がおすすめです。

営業代行と営業派遣の違い



営業代行とは、簡単に言うと営業部隊の業務委託です。

営業派遣とは、営業スタッフを派遣会社からその企業に適した人材を派遣してもらうことです。

営業派遣は具体的には営業事務のような役割で、マネジメントは社内で行う必要があります。

派遣される人材にもよりますが、時給換算すると大体2,000円〜/1時間と見積もっておくと良いでしょう。

営業業務をアウトソースするといっても、営業の専門知識や営業マネジメントまで委託したいのか、それとも誰がやっても同じ業務の人的リソースを補いたいのか、という目的によってマッチ度は異なります。

もちろん、前者の場合は営業代行、後者の場合は営業派遣を依頼すると、依頼した際のギャップが少ないはずです。

営業代行を利用するべき企業の特徴



営業はとにかく自社サービスを販売、成約まで結びつけなければなりません。

いつまでたっても営業部隊が動かないと、会社にとって苦しい状況が待ち受けているだけになります。

そこで、検討すべきサービスが営業代行です。

長年営業に携わっていたり、ノウハウを持っているいわばプロが代行してくれるわけですから、即戦力としていち早く機能させたい企業は、営業代行の利用に向いていると言えます。

それでは、いくつか営業代行を利用するべき企業の特徴を挙げたので一つずつ見ていきましょう。

①営業戦略がまだない企業



せっかく良い商材があっても、営業部隊が機能していなければその商材は売れないままで非常にもったいないです。

営業代行は、様々な会社で営業を代行してきたチームなので、今後どのように営業活動をしていくかや、今までの営業方針を第3者として見直し、指導役を兼ねたり指摘やノウハウ提供などを含めて様々な提案をしてくれる存在です。

営業代行を、営業コンサルティングとして活用するのも良いでしょう。

②ある程度営業活動が固まっていている企業



多くのアポが獲得できているものの、人材不足やリソース不足などで機会損失が生まれてしまっていたり、せっかくのアポをクロージングまで結びつけられない企業も少なくありません。

ある程度、やるべき営業活動が固まっているのなら、様々な経験を持つプロの営業代行に依頼し即戦力として稼働してもらうことで、スピード感を落とさずにクロージングまで持っていくことができるでしょう。

そのスピード感は、今後の顧客への信頼にも繋がります。

③営業マンの育成にかける時間がない企業



営業代行会社は、今まで様々な会社の営業活動に従事してきた営業チームのプロです。

もともと営業のノウハウを理解しているチームに委託することで、人材育成に時間をかけることができない企業は、手早く自社の営業マンを増やすことができます。

その浮いた時間で、自社で行うべき業務(正社員育成など)に注力することが可能です。

④そもそも社内に営業経験がある人がいない企業



商材はあるものの、まだまだ社内の営業体制はもちろん、会社設立したてで営業のHow toを、外部よりノウハウとして溜めたい企業も少なくないはずです。

色々な商材を取り扱ってきた営業代行だからこそ、営業チームに参画してもらうことで、ノウハウを落とし込んでもらうという活用方法もおすすめです。

営業代行を利用してはいけない企業の特徴



営業代行のチーム内のマネジメントは営業代行会社内にて管理しています。

そのため、どうしても依頼企業側にとっては、営業代行会社の仕事内容の把握が難しい場合があります。

自社内にてマネジメントをしたい場合は、営業代行会社への依頼は控えた方が良いでしょう。

①成約率は良いが、アポが取れない企業



一旦アポを獲得したらその後の成約率は良いけれど、そもそものアポが取れない・・・なんて企業も多いはずです。

言ってしまえば、アポ獲得のための手段は様々で豊富にあります。

ただし、営業代行にアポ獲得のみ切り出して依頼しても、単価は安くても2万円〜/1件程度であることが多く、その部分だけ切り出してお願いするのは正直費用がかさんでしまいます。

それに比べて、danielなどのツールを使うことで、営業マンの手間をかけずに自動でアポ獲得ができます。

自動ツールを導入することで、結果的に単価をグッと抑えることができるので、アポ獲得のみ切り出したい企業にはおすすめの手段です。

②売りたい商品の単価・LTVが低い企業



1件あたりの単価が低い商品に関しては、営業代行に頼んで1件のアポ獲得だけで2万円以上となると、採算が取れなくなってしまいます。

それに、営業代行の会社も人力で運用しているので、成果報酬型だとしても、報酬単価が低くなってしまうので、扱ってくれない場合もあります。

apokakuなどのツールを利用すれば、アポ獲得単価は代行会社よりも大幅に抑えることができるので、商材や会社にとって適切な営業方法になること間違いありません。

営業代行の費用相場/料金体系



営業代行会社への費用は主に、下記のような報酬形態がメジャーです。

・固定報酬 ・成果報酬 ・一部固定+成果報酬 固定報酬は月額料金として支払う報酬形態です。

受注売上などで変動することはないので、予めどの程度の予算かを把握でき、決められた予算内に納めることが可能です。

ノウハウで営業していくと言うよりは、実態を検証しながらや、営業部隊コンサルを踏まえて仕事を進める場合に多い報酬形態です。

成果報酬型は、完全に受注売上などの成果によって報酬が決定する報酬形態です。

成果次第によっては、固定報酬よりも割高になります。

固定費がないので、無駄な費用を省きたい会社に向いています。

一部固定+成果報酬は、上記の報酬形態をあわせたものです。

月額の固定料金と成果によって料金が算出されます。

この場合の固定料金は、最低限の経費のみが加算されるようなイメージで、固定報酬のみの料金よりも安く設定される場合がほとんどです。

ベースは成果報酬の方におかれます。

固定報酬での依頼



専門性が高いものに関しては100万円を超える場合もありますが、大体は50万〜60万円がスタンダードな相場観です。

ある程度、アポ獲得からの成約率や、アプローチからのアポ獲得率が読めている企業に固定報酬がベターです。

成果報酬での依頼



営業代行を成果報酬で依頼した場合 アポ獲得は1件あたり2~3万円程度で クロージングまで依頼した場合は売り上げの30~50%がマージンとしてかかります。

例:100万円の商材で1ヶ月でアポ獲得のみ2件、アポ獲得〜クロージング2件まで持っていけた時 →アポ獲得(2万円×2件)+売上の50%(50万円×2)=104万円が費用 無駄な費用がかからないことはメリットですが、クロージングまでたどり着いた場合かなり跳ね上がり、報酬が変動するので予算の把握は難しいです。

複合型での依頼



次に営業代行を成果報酬と固定費用の複合型で依頼した場合です。

アポ獲得が成果報酬扱いで売上の2~5%がアポ獲得費用となり、 クロージングを担当する営業マンは固定費用扱いとなる事が多いでしょう。

例として、100万円の商材を扱った場合、1ヶ月でアポ獲得のみ2件、アポ獲得〜クロージング2件まで持っていけたとすると、アポ獲得(売上の5%×4件)+50万円×2件=120万円となります。

複合型ではアポ獲得〜クロージングの固定費をどこまで抑えられるかで、大幅に全体の金額が変わってきますので依頼の際には注意が必要です。

コンサルティング活動やマーケティング活動を依頼する時の費用

営業チームにおける、コンサルティングやマーケティングを依頼する場合、顧問契約として最低でも月額20万〜30万円、がっつりと充実したサービスを受けたい場合は50万円を見ておくと良いでしょう。

社員研修などは、研修する相手にもよりますが、ノウハウを落とし込む実践研修などを依頼するとなると、80万〜120万円程度の費用感になります。

営業代行のメリットとデメリット



営業代行を利用する企業のほとんどが、時間を確保できない、人材不足などといった理由からです。

こちらで、営業代行を利用するメリットとデメリットについて、解説します。

メリット①:営業経験豊富な人材を簡易に確保できる

営業代行会社は、今まで様々な営業に従事し、ノウハウを蓄えている営業のプロチームです。

もちろん営業経験豊富な人材ばかり揃っているので、営業代行を依頼することで経験豊富な人材を簡易に確保可能です。

メリット②:営業費用の削減に繋がる事もある

自社の正社員を新たに営業部隊として活躍できるまでに成長させる場合、採用費用、給与、社会保険料など細かい費用などを合わせると結構な費用になります。

営業代行することで、実際には代行費用しかかからないので、コストを抑えることが可能です。

メリット③:自社の営業活動の課題が明確になる

自社のサービスや商品が思うように売れない理由として、営業の仕方に問題がある場合があります。

営業代行サービスを利用すれば、自分たちだけでは気付かなかった弱点が発見され、改善と強化に繋がります。

また、自社では取り組めなかった新たな販路開拓に取り組んでもらうことも可能です。

営業代行サービスの最中で獲得したノウハウは、その後も自社のノウハウとして蓄積、利用することができ、自社の強みにすることができます。

メリット④:お客様のニーズの明確化

自社のサービスや商品が思うように売れない理由として、ニーズにきちんとアプローチできていない場合があります。

営業代行のプロ人材から第3者の視点が入ることで、実際の営業活動とアプローチのミスマッチを防ぎます。

デメリット①:依頼後は多くの場合で営業代行の継続利用が必要になる

営業代行を利用してアップした売上を維持するためには、継続して営業代行を依頼し続けなければなりません。

営業代行会社にノウハウを落とし込んでもらった際に、ノウハウをすぐに活用できる人材がいればいいのですが、そもそも人員不足だとしたらそのまま営業代行に継続してもらう他ないでしょう。

デメリット②:自社の営業活動よりも費用が高くなる事もある

たとえ営業代行会社に支払う費用が、成果報酬型だとしても、利益がその分を大きく上回らなければ会社の利益アップにはつながりません。

それこそ、1件あたりの単価が低いと採算が取れなくなってしまう恐れがあります。

営業代行を利用する際の選び方



①:そもそも自社は何に困ってるのか整理する

営業代行会社にも強みがあります。

そこで営業代行会社を頼むにあたり、そもそも自社は何に困っているのかなどの課題を整理する必要があります。

・営業組織はあるが、1成約あたりのコストが高いのか? ・営業マンが足りていないため、機会損失してるのか? ・営業組織が弱く、うまく回っていないのか? ・自社の顧客になるお客様、お客様のニーズがぼやけているのか? ・アポが取れないのか? など、自社はどんな課題を抱えているのか?について一度整理する事が重要です。

営業代行会社にも序盤での説明の通り、強みやタイプがあるので、要件整理をすることでどこに頼むべきかが見えてきます。

②:営業代行を依頼して費用対効果が合うかを確認する



営業代行を依頼する際には、費用対効果が合うか確認できるように、自社の営業活動を数字で把握しておく事が重要です。

下記の数字を洗い出しておくと良いでしょう! ・営業マンの月の費用の合計 営業マンにかかる交通費や諸経費なども合わせて計算しておくと、実態が把握できます。

・アポイント獲得コスト 営業マンの費用合計÷アポイント数 ・成約コスト 営業マンの費用合計÷成約数 ・商品のLTV LTV = 年間取引額 × 顧客の継続年数 LTV = 平均購入単価 × 平均購入回数 LTV = (売上 - 原価)÷ 購入者数 自社の商材にあった物を選んで計算する必要があります。

年間契約の商品などであれば、LTVを計算しておく事でどこまでなら1成約にコストをかけて良いかが算出できます。

③:自社の商品が成果報酬と固定報酬、どちらが向いているか確認する



成果報酬に向いているものは、 ・単価が高い商品 ・LTVが高い商品 成果報酬での依頼の場合、営業代行会社へのマージンが低い商品は売ってもらえない可能性が高いです。

固定報酬に向いているものは、 ・単価が低い商品 単価が低い商品は、しっかりと人員を確保できる固定報酬での設定がベターです。

厳選!おすすめ営業代行サービス9選

AI営業マンdaniel(ダニエル)



サービスの特徴/強み:
営業代行を頼むきっかけとして最も多い、アポの獲得代行をお願いするのであれば、もはや営業代行の会社に頼むよりもツールを導入した方が圧倒的に安く済みます。

AI営業マンDanielは導入企業のアポの獲得単価が平均1.2万円と、どの営業代行企業に依頼するよりも現状最も安くアポを獲得する事ができる営業代行ツールです。

営業活動が立ち上がってないタイミングでも、アポ獲得を自動で行って、最も大事なお客さんとの対話に時間を使えます。

また、営業活動が回って拡張していくタイミングでも、営業マンのアポ獲得コストを下げる事ができるのでおすすめです。

基本的にどんな会社でもアポの獲得単価が下がるのは非常に良いことですよね。

AI営業マンDanielはどんな会社にもおすすめしたい営業活動の必須ツールです。

サービス名:AI営業マン「Daniel」
提供会社:株式会社Quick Work
費用:月額6万円〜
初期費用等:0円
サービスの評価
料金:◎
コスパ:◎
サービスURL:AI営業マンdaniel(ダニエル)
サービス提供企業URL:株式会社クイックワーク
問い合わせ番号:-
問い合わせメールアドレス:https://apokaku.com/daniel/#contact

セレブリックス



サービスの特徴/強み:「営業戦略」を念入りに練って、営業代行する頭脳派代行会社です。

セレブリックスが提供する戦略的営業代行とは、『直接的な成果・収益を生み出すこと』はもちろん、その後の営業活動における『生産性を向上させること』を目指しています。

どんな会社におすすめか?:テストマーケティングからアポ獲得、カスタマーサクセスまで、営業活動における業務を一気通貫してサポートできることが大きな強みです。

会社名:株式会社セレブリックス
費用:要問い合わせ
初期費用等:要問い合わせ
サービスの評価
料金:△
コスパ:◯
サービスURL:サービスページ
サービス提供企業URL:セレブリックス
問い合わせ番号:03-6844-3917
問い合わせメールアドレス:https://www.cerebrix.jp/contact

コンフィデンス



提供してるサービスの特徴/強み:無形商材を中心に、事業課題解決型にて営業代行を実施している営業代行会社です。

そのほかにも、営業戦略の立案や新規事業の立ち上げフェーズでのサービス提供をしています。

どんな会社におすすめか?:営業戦略を練る必要があるフェーズを含む、営業部隊の立ち上げが必要な企業におすすめです。

提供会社:株式会社コンフィデンス
費用:要問い合わせ
初期費用等:要問い合わせ
サービスの評価
料金:△
コスパ:◯
サービスURL:サービスページ
サービス提供企業URL:コンフィデンス
問い合わせ番号:-
問い合わせ:https://www.confidence.co.jp/contact

エグゼクティブ



提供してるサービスの特徴/強み:法人営業向けの高額な無形商材や、特殊商材での実績が豊富な営業代行会社です。

一気通貫したサービスももちろんのこと、細分化されたサービス展開もしているので、必要なスポットでの依頼が可能です。

営業所丸々レンタルもできるので、短い期間で営業部隊を立ち上げたい場合にもおすすめです。

どんな会社におすすめか?:法人向けの無形商材や特殊商材を扱う企業だと、コストパフォーマンスはかなり見込めるでしょう。

また、新規事業でとりあえず案件獲得をしたい企業にもおすすめです。

会社名:株式会社エグゼクティブ
費用:成果報酬型
初期費用等:要問い合わせ
サービスの評価
料金:△
コスパ:◎
サービスURL:サービスページ
サービス提供企業URL:エグゼクティブ
問い合わせ番号:080-9542-9644
問い合わせメールアドレス:otoiawase@exective.jp

アンビエント



提供してるサービスの特徴:商材を細かく調査し、最適なターゲットへのテレアポを実践している営業代行会社です。

そのため、精度の高いターゲット層へのアポ獲得が可能です。

ただランダムにアプローチしているわけではなく、質の高いアプローチがポイントです。

どんな会社におすすめか?:ターゲット顧客リストが作成されていない段階の企業や、アプローチ自体はできているものの、なかなかアポイントまで繋げられていない企業ににおすすめです。

会社名:株式会社アンビエント
費用:250円〜/1件(3コール)
初期費用等:要問い合わせ
サービスの評価
料金:△
コスパ:◯
サービスURL:サービスページ
サービス提供企業URL:アンビエント
問い合わせ番号:03-6779-4488

Sales Japan



提供してるサービスの特徴:初期費用、ランニング費用が0円で完全成果報酬型の営業代行会社です。

ただ営業代行をするのではなく、一気通貫+ノウハウの落とし込みや営業マネジメントまで対応が可能です。

どんな会社におすすめか?:費用が最小限なので、ベンチャー企業や子会社設立フェーズの企業や、営業業務も丸ごと頼みたい企業におすすめです。

サービス名:営業代行革命
提供会社:株式会社セールスジャパン
費用:完全成功報酬
初期費用等:0円
サービスの評価
料金:△
コスパ:◎
サービスURL:サービスページ
サービス提供企業URL:セールスジャパン

D GLOSS



提供してるサービスの特徴:成果報酬で、企業の要望に沿った形のアポイントメントをセッティングが可能です。

アポイントメントを成果点として、獲得件数ごとに単価設定&課金していくサービスです。

スタートアップから大手企業まで、柔軟に対応可能な点も強みの1つです。

どんな会社におすすめか?:報酬設定を綿密に練りながら依頼したい企業におすすめです。

会社名:株式会社ディグロス
費用:10,000〜50,000円/1件あたりのアポ単価
初期費用等:0円
サービスの評価
料金:◯
コスパ:△
サービスURL:サービスページ
サービス提供企業URL:ディグロス
問い合わせ番号:03-6822-9291
問い合わせメールアドレス:https://dgloss.co.jp/contact/

アイランドブレイン



提供してるサービスの特徴:月額固定費0の完全成果報酬型サービス。

BtoB専門でアポイント獲得に特化した営業をすることで、新規契約の安定的な確保を可能にします。

今までの顧客ではなく潜在的顧客層にもアプローチすることで、新規顧客の獲得を目指します。

どんな会社におすすめか?:今までの顧客だけではなく、新規顧客層の獲得に苦戦している会社におすすめです。

会社名:株式会社アイランド・ブレイン
費用:完全成果報酬型
初期費用等:0円
サービスの評価
料金:△
コスパ:◎
サービスURL:サービスページ
サービス提供企業URL:アイランドブレイン
問い合わせ番号:0120-252-764

アズ株式会社



提供してるサービスの特徴:成果報酬型の営業代行・支援、テレマーケティングを実施する営業代行会社です。

新規顧客へのアプローチはもちろん、既存顧客へのフォローアップや過去顧客の掘り起こしも含めて支援します。

どんな会社におすすめか?:アプローチができていない顧客層が明確な会社におすすめです。

会社名:アズ株式会社
費用:成果報酬型/アポ1件16,500円
初期費用等:0円
サービスの評価
料金:△
コスパ:◯
サービスURL:サービスページ
サービス提供企業URL:アズ株式会社
問い合わせ番号:03-5227-6211
問い合わせメールアドレス:https://asz-park.com/contact