アウトバウンドマーケティングでリード獲得するメリットと効率化ツール

リード獲得のため、展示会やテレアポなど従来の方法でアウトバウンドマーケティングを行うBtoB企業が多い一方で、インバウンドマーケティングに取り組む企業も増えてきています。

今回の記事では、アウトバウンドとインバウンドマーケティングの違い二つの使い方、そしてアウトバウンドマーケティングを効率化するツールについてご紹介いたします。

アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティング

関連画像
リード獲得のためのマーケティングの施策は大きく分けて、アウトバウンドとインバウンドの2つに分けられます。

では、アウトバウンドとインバウンドについてご紹介いたします。

アウトバウンドマーケティング

アウトバウンド型のマーケティングは企業からリード獲得を行う営業手法です。

例えば、展示会やダイレクトメール、テレコール、広告のようにリード獲得を行います。

アウトバウンドマーケティングは、短期間で一斉に多くのリード獲得を行い、リード獲得を効率化できる可能性を秘めています。

しかし、パーミッションを獲得していない人にもメッセージを送ります。

そのことから、アウトバウンドマーケティングは「インタラプションマーケティング」と呼ばれることもあります。

アウトバウンドマーケティングは反応率が低いなどのデメリットもあります。

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは、Webサイトやセミナーを通して、リードを獲得し、リード側から自社に問い合わせをしてくるようにする施作です。

効果が出るまでに時間がかかりますが、リード獲得後に信頼を得られるなどのメリットがあります。

継続すると、リード獲得の効率化を進められます。

アウトバウンドでBtoBマーケティングを効率化する

関連画像
近年は、アウトバウンドでのリード獲得が困難になっているので、インバウンドマーケティングだと言われることもしばしばあります。

しかし、BtoBにおいてはこのことが当てはまりません。

アウトバウンドマーケティングにもメリットはあり、BtoBにおいては非常に効果的です。

アウトバウンド・インバウンドのメリットデメリット

アウトバウンドはPUSH型、インバウンドはPULL型のマーケティング施策です。

インバウンドマーケティングでリード獲得をし、中長期的に接点を持ち、継続的にリード獲得を行えます。

しかしPULL型なので、すべてのリード獲得のチャンスをとらえる事はできません。

重要なリード獲得の機会を逃してしまうかもしれません。

それに比べてアウトバウンドマーケティングではリード獲得後に相手にアクションを行わせる機会を与えられます。

これによりリード獲得の効率化が計れます。

インバウンドとアウトバウンドを組み合わせるという考え方

インバウンドにもアウトバウンドにもメリット・デメリットがあります。

よって自社のリソースや見込み客との最適なコミュニケーションの仮設を立てて、両方を組み合わせていくことが大切です。

アウトバウンド型施策とインバウンド型施策を融合させた、ハイブリッド型のマーケティングとでも言うべきマーケティング活動によりリード獲得は効率化できます。

例えば、ターゲットに情報を提供するセミナーやダウンロードコンテンツなど(インバウンド型施策)を軸に見込み客情報を集め、それらの情報を収集するために、テレコールやメール配信(アウトバウンド型施策)などを実施する方法で効率化できます。

アウトバウンド型のリード獲得ツールDaniel

関連画像
アウトバウンドマーケティングによるリード獲得はツールにより効率化が進みます。

その中でもおすすめのツールがDanielです。

Danielは問い合わせフォーム自動送信システムです。

自動でリード獲得のできるアウトバウンド型のインサイドセールス効率化ツールです。

インサイドセールスを自動化・効率化することで、営業マンは本来注力すべきである、顧客満足度向上に時間を投じることができます。

Danielツールの二つの特徴をご紹介します。

Danielのツールの特徴①ApoKakuのターゲティング

ApoKaku」はDanielの同社が運営する営業リスト作成サービスです。

ApoKakuの詳細なBtoBのターゲティング機能がアウトバウンドマーケティングに利用できます。

400種類以上の業界や9,000種類以上の事業シナリオからデータベース検索できます。

そしてApoKakuは手作業で作業するよりも精度の高いアウトバウンド型向けの営業リストを10秒で作成することができます。

リード獲得の効率化に寄与します。

ApoKakuについては以下の記事に書いてありますので合わせてご覧ください。

営業用の法人名簿の作成にはApoKakuが最適なツールだ!

Danielのツールの特徴②TechOrderによる自動送信

Webスクレイピングのサービス「TechOrder」のRPAの基盤システムを活用し、Danielは問い合わせフォームへの自動送信機能を実装しました。

アウトバウンド型のインサイドセールスの自動化に成功しました。

TechOrderは自動送信機能の実装の他にも、新規顧客の開拓、データ分析、サイトの強化などにも使えます。

TechOrder以外のWebスクレイピングツールについては以下に書いてあります。

WebスクレイピングツールTOP5~自分にあったWebスクレイピングツールを見つけよう~

Danielについては以下のサイトから問い合わせましょう。

Daniel