営業採用に必須のポイントと採用媒体はこれだ!

営業マンの採用は難しいです。

それぞれの会社ごとに採用するべき営業マンが違うからです。

そんな難しい営業採用の中でも共通することは何なのでしょうか?

今回は以下についてご紹介いたします。

  • ・営業採用におけるポイント
  • ・営業採用に向いた媒体とその特徴
  • ・営業の自動化:AI営業マン「Daniel」
営業マンの採用が難しいと感じている方の手助けになれれば幸いです。

また、営業活動自体に問題を感じている方には以下のセールステックについての記事がおすすめです。

セールステックが注目される背景とメリット

優秀な営業マンを見極めるポイント

関連画像
優秀な営業マンを見極められなければ、優秀な営業マンを採用することはできません。

それぞれの会社にあった営業マンを採用するためのポイントを3つご紹介します。

ポイント①営業マンの【優秀】を定義する

多くの企業で優秀な営業マンの定義が決まっていないです。

お客様に優秀な営業マンの定義を質問すると、「○○さんのような方」という抽象的な回答がよく返ってきます。

営業の採用をしようとしていても、採用するべき人物像が定まっていないのです。

もちろん営業は各企業によって異なるので、優秀な営業マンの定義は難しいです。

各企業の採用担当はどのような営業マンが必要なのかを考え抜く必要があります。

一般論ですが「優秀な営業マン」に見られる共通項をご紹介します。

  • ・当たり前のことを当たり前にできる
  • ・素直で勤勉
  • ・顧客のことを考える姿勢を持っている
  • ・自己成長意欲が高い
  • ・ポジティブである
  • ・コミュニケーション力が高い
  • ・物事の本質を理解できる


このような例を参考にそれぞれの会社にあった「優秀な営業マン」の定義を、採用担当の方で話し合いましょう。

ポイント②優秀な営業マンを採用担当にする

営業マンの採用は常に競争が強いられます。

そこで確実なことは「優秀な営業マンは採用市場にはほとんどいない」ということです。

なぜなら優秀な営業マンは常に引く手数多であり、さらには転職をする必要がないからです。

実感では採用市場の営業マンの中のたった5%が優秀な営業マンです。

その5%の営業マンを見つけるために必要なことこそが「優秀な営業マンを採用担当にする」ことです。

多くの採用担当者を見てきましたが、優秀な営業マンは「採用活動=営業活動」と捉えます。

そして。

自分の会社に必要な営業マンを見つけ、引き込むことができます。

ポイント③営業未経験者に着目すべし

ひとつ前のポイントで採用市場には優秀な営業マンがほとんどいないとお話しさせていただきました。

その中でも、経験則上優秀な営業マンとなる人物は「営業未経験者の層」に圧倒的に多いです。

中途市場の営業経験者は、営業のやり方に間違いや癖があったりすることが多いです。

矯正して良い営業マンにするには時間がかかります。

営業未経験者の場合は、営業職に対する癖や考え方がないため、成長が速いことが多いです。

営業採用媒体3選

関連画像
それでは営業の採用の際のポイントを抑えたところで、実際に採用をするための媒体について3つ、ご紹介します。

営業採用におけるそれぞれの特徴を抑え、自社にあった方法を選びましょう。

営業採用媒体①Web求人広告

営業採用の媒体の1つ目はWeb求人広告です。

営業未経験者の採用におすすめの方法です。

営業は給与面の待遇によって大きくモチベーションが変わる職種です。

入社後の年収やインセンティブの額qを具体的に記載して注目を集めましょう。

また、営業未経験者の採用に向けて働く雰囲気などを記載することも効果的です。

Web求人広告を営業採用の媒体として使い方のポイントは以下の3つです。

・給与や待遇の採用条件は具体的な数値で記載
・営業未経験者採用の場合は上位企画に掲載
・ビジュアルに気をつけて掲載する

給与表記例

【修正前】
営業:月給20万円~
※経験・能力を考慮して優遇します。



【修正後】
営業:月給20万円~+インセンティブ
<モデル月収>
入社2年目/営業未経験入社 月収30万円(基本給25万円+インセンティブ5万円)
入社5年目/営業未経験入社 月収37万円(基本給27万円+インセンティブ7万円+役職者手当3万円)
※経験・能力を考慮して優遇します。



営業採用媒体②転職フェア

営業採用媒体の2つ目は転職フェアです。

急を要する営業の採用におすすめの方法です。

転職フェアには多くの採用担当者と求職者が集まります。

求職者にその場で話せるものには、採用担当以外に営業部の責任者や経営者にも協力を仰ぎましょう。

転職フェアを営業採用の媒体に使う場合のポイントは以下の3つです。

・当日の呼び込みを積極的に行う
・営業部統括や、経営幹部にも協力を依頼する
・良い人材はその場で採用するつもりで挑む

営業採用媒体③人材紹介会社

営業採用の媒体の3つ目は人材紹介会社です。

営業の経験者やマネジメント経験を持つ人を採用する場合におすすめです。

同業者の営業経験を持つ人材を採用する場合には、専門特化型の人材紹介会社を利用するのもおすすめの方法です。

人材紹介会社を営業採用の媒体として利用する場合のポイントは以下の2つです。

・業界に特化した中堅・専門特化型の人材紹介会社を利用する
・人材紹介会社のエージェントと良好なパートナー関係を築く

営業の自動化:AI営業マン「Daniel」

関連画像
営業マンの採用の他に営業活動を改善する方法として、「営業の自動化」があります。

近年は営業リストの作成からリード獲得に至るまでを全て自動化するAIがでています。

まさにAI営業マンの時代の到来です。

今回はAI営業マンのツール「Daniel」のご紹介をさせていただきます。

Daniel以外にもAI営業マンとして使えるツールはたくさんありますので以下の記事もご参考にどうぞ。

アポ獲得の自動化の方法と自動化ツール

AI営業マン「Daniel」

それではAI営業マンDanielをご紹介します。

AI営業マンDanielは最先端のAI・RPA技術を活用した営業活動の自動化ツールです。

営業リストの作成から、問い合わせ、リードの獲得までを自動でおこないます。

AI営業マンDanielを使えば人間の営業マンは、本来注力すべきである顧客満足度向上に時間を投じることができます。

Danielでアポイントの獲得の自動化をすれば、営業マン一人の採用よりも安価でかつ、売り上げ向上に寄与できるとは幅広くの企業で判断されています。

自動化を進めて営業マンの採用の負担を減らしましょう。

興味のある方は、以下ApoKakuのHPからAI営業マンDanielについて問い合わせることができます。

ApoKaku