リード獲得のおすすめツール徹底比較

リード獲得の効率化にお悩みの方は多いです。


リード獲得の失敗や非効率であることには、様々な原因があります。


しかし、リード獲得ツールの導入によってその問題は解決するかも知れません。


そこで今回は、リード獲得専門のおすすめツールを3つご紹介したいと思います。


それぞれの特徴を比較して、自社にあったリード獲得ツールの導入の参考にしてください。


リード獲得ツール①ApoKaku

関連画像

ApoKakuは元はリード獲得に使う、営業リスト作成サービスでした。


そこにDanielという問い合わせフォーム自動送信機能が追加され、自動でリード獲得を行えるようになりました。


Danielによる問い合わせフォームへの自動送信機能追加により、AopoKaku導入企業はリード獲得の効率化・自動化ができます。


Danielによりリード獲得の自動化によって、営業マンは本来注力すべきである顧客満足度向上に時間を投じられます。


それでは二つの他のリード獲得ツールと比較した特徴をご紹介します。


リード獲得ツールおすすめポイント①営業リスト作成のターゲティング

ApoKakuは営業リスト作成サービスでした。


ApoKaku詳細なBtoBのターゲティング機能がリード獲得に利用できます。


400種類以上の業界や9,000種類以上の事業シナリオからデータベース検索できます。


そしてApoKakuは手作業で作業するよりも精度の高い営業リストを10秒で作成することができます。


リード獲得ツールおすすめポイント②TechOrderによる自動送信

Webスクレイピングのサービス「TechOrder」のRPAの基盤システムを活用し、ApoKaku問い合わせフォームへの自動送信機能を実装しました。


これにより問い合わせから、リード獲得までの自動化ができます。


TechOrderは自動送信機能の実装の他にも、新規顧客の開拓、データ分析、サイトの強化などにも使えます。


TechOrder以外のWebスクレイピングツールについては以下に書いてあります。


WebスクレイピングツールTOP5~自分にあったWebスクレイピングツールを見つけよう~


ApoKaku


リード獲得ツール②「HubSpot」

関連画像

HubSpot はq無料のリード獲得のためのマーケティングツールです。


qCRMをベースとしており、様々なタスクを自動化します。


リードがメールアドレスを入力した瞬間に、リードの連絡先や勤務先、訪問したページなどの情報が手に入ります。


リアルタイムでのリード獲得を実現するツールです。


インバウンドマーケティングを試したいがリスクを避けたいという方におすすめのツールです。


それでは他と比較したHubSpotのリード獲得ツールとしての特徴をご紹介します。


リード獲得ツールおすすめポイント①リードの特徴を比較してリード獲得

リードがフォームを送信すると、そのリードに関する連絡先情報がインターネット全体から自動収集できます。


特徴を把握することがリード獲得に役立ちます。


リードがフォームに到達した経路や、閲覧したページまで確認できます。


リードが何に興味を持っているのかがわかるので、リード獲得に利用できます。


リード獲得ツールおすすめポイント②コンバージョンを分析して改善

このツールにはアナリティクス機能が組み込まれております。


コンバージョンに最も大きく貢献しているページやオファー、広告を把握できます。


購入に至るまでにウェブサイトの訪問回数、サイト内の移動履歴を確認でき、その情報を活かしてリード獲得ができます。


HubSpot


リード獲得ツール③「Pardot」

関連画像

リード獲得ツール Pardot には他に比較して、以下の特徴があります。


  • ・リードの関心先の事前把握
    • ・顧客のスコアリング・グレーディング
  • ・施策への投資の効果測定



それではそれぞれの比較ポイントを見ていきましょう。


リード獲得ツールおすすめポイント①リードの関心先の事前把握

Pardotを使えば、顧客の関心度の高さや、どのwebページを見ているのかを知ることができ、リード獲得の利用できます。


もちろん担当営業者の方に電話番号やメールアドレスなどの基本情報を通知できることもおすすめです。


これらの機能によって、顧客の求めている製品やサービスを事前に把握できます。


複数の製品・サービスを持つ企業におすすめのリード獲得ツールです。


また、顧客の関心の変化をリアルタイムに知ることもできるので、リード獲得に大きく役に立ちます。


リード獲得ツールおすすめポイント②顧客のスコアリング・グレーディング

スコアリング・グレーディングにより、顧客の興味関心度合いや顧客のランクを数値化し、リード獲得に利用できます。


それぞれの意味は以下の通りです。


スコアリング:見込み顧客の関心の度合いを表す指標
 グレーディング:自社の見込み顧客への関心の度合いを表す指標


このように、顧客の関心度を表すのがスコアリング、顧客のランクを表すのがグレーディングです。


リード獲得には重要な数値です。


Webページへの訪問回数やアクションに応じて、リードを自動で数値化します。


この機能を使えば、顧客のニーズに応じた内容のメールを自動で出し分けできます。


リード毎のメール作成や確認、送信といったフローが削減されリード獲得を効率化できます。


リード獲得ツールおすすめポイント③施策への投資の効果測定

このツールでは施策ごとに個別に管理できます。


ランディングページやメルマガの効果測定が簡単に行える点がおすすめです。


それぞれの施策をリード獲得の観点から比較することも容易に行えます。


「どの施策にどれほど効果があったのか」「ボトルネックはどこにあったのか」といったリード獲得に必要な情報を手に入れられます。


Pardot


まとめ

関連画像

今回は3つのリード獲得ツールを比較してご紹介させていただきました。


リード獲得にお悩みの方の手助けになれれば幸いです。


ぜひそれぞれを比較して自社にあったものをお選びください。


また、リード獲得に必須のテレアポの営業リストの作り方は以下にありますのでご参考にどうぞ。


テレアポリストの作り方はここから学べ!準備、作成、運用に必要なこと! また、今回ご紹介した3つのリード獲得ツールは以下のサイトからお問い合わせください。


ApoKaku

Powered by Froala Editor