営業代行会社を選ぶ際のポイントとおすすめ営業代行会社

営業代行会社を選ぶ際のポイントと目的別おすすめ営業代行会社 24%

この数字は何でしょうか?

これは抽象機構がとった中小企業向けのアンケートで集計された悩みの中で、「売り上げ」に関する悩みの割合です(参考:中小機構 中小製造業向けアンケート調査結果より)

4人に1人の経営者がこの悩みを抱えています。

その中でも「営業人材の確保が困難」という悩みが比較的回答数が多かったです。

これにはあなたも心当たりがありませんか?

実はこんな多くの経営者を悩ませている営業人材に関する悩みですが、営業代行会社を利用することで一気に解消できるかもしれません。

今回は営業代行会社について、営業代行会社の比較方法、そしておすすめの営業代行会社を目的別に比較してご紹介します。

営業代行についてお悩みの方の手助け、もしくは営業代行をお考えになるきっかけになりますと幸いです。

また営業リスト作成に関しては以下の記事に書いてあります。

リストは自社作成が最適? リスト入手・作成方法の比較検討

営業代行会社とは

関連画像
営業代行会社は簡単にいうと、営業に関する業務を支援する会社のことです。

営業代行会社と聞くと、製品やサービスを代わりに販売してくれる会社と考えられがちです。

しかし実際には他のサービスも行ってくれています。

販売代行以外には、販売のコンサル、営業組織の構築、営業の提案までも行う営業代行会社があります。

企業の「営業」に関して全般にサポートするのが営業代行会社です。

営業代行会社を選ぶときの比較ポイント

関連画像
では営業代行会社を利用する場合にはどんな点を比較すれば良いのでしょうか?

営業代行会社を選ぶときの比較ポイントを2つ解説します。

比較ポイント①解決したい問題点にあった営業代行

営業代行会社の比較ポイントの1つ目は、解決するべき問題点にあった営業代行サービスを選ぶことです。

「売り上げを増やす」ことが目標でも、それぞれの会社によって必要なサービスは変わります。

自社のボトルネックを特定し、自社にあった営業代行会社を選びましょう。

例えば、売り上げをどれほど伸ばしたいのか、何が自社にたりていないのかなどを考え、自社にあった営業代行を比較して選びましょう。

比較ポイント②打ち合わせをこまめに行う営業代行会社

営業代行会社を比較する際には、定例会などでできるだけ接触できる営業代行会社を選びましょう。

営業代行会社に依頼した後に接触がなければ、自社の目的と営業代行会社の行動にズレが生じる場合があります。

(例)
あなた「営業電話をかけてほしい」
→目的「見込み客のリストを増やすこと」
営業代行会社「営業代行電話を週5本かけよう」
→目的「営業電話のノルマを達成すること」

このようなことを避けるために、営業代行会社とは定期的に打ち合わせ、目的や方向性、手段にズレがないか確認しましょう。

もちろん、サポートが多い営業代行会社はコストがかかります。

しかし無駄な営業代行を行わずに済みます。

そこで、頻繁に打ち合わせのできる営業代行会社を比較して探しましょう。

そのために、営業会社に話を聞く際には「フォローを重視し、営業代行会社を探している」と伝えましょう。

営業代行側も適切なサービスを行ってくれます。

おすすめ営業代行会社の目的別比較

関連画像
それではおすすめの営業代行会社を目的別に3つご紹介します。

「新規の顧客開拓の営業代行」「中小企業の営業代行」「成果報酬型の営業代行」それぞれのおすすめの営業代行会社をご紹介します。

新規の顧客開拓におすすめの営業代行会社「ApoKaku」を比較

新規の顧客開拓におすすめ営業代行会社「ApoKaku」をご紹介します。

ApoKakuは元は営業リスト作成サービスの会社です。

そのため、依頼者のニーズに即したターゲティングに他に比較した強みを持っています。

特にテレアポなどの新規顧客開拓のターゲティングに強みがあります。

売上・資本金・求人媒体タグ・メディア掲載実績タグ・拠点数・設立年・従業員数・上場区分などに加え400種類以上の業界や9,000種類以上の事業シナリオでのデータベース検索が可能です。

上記のようなBtoBマーケティングに必要な情報を独自付与したデータベースを保有しています。

そのため、「手作業で作成するより精度の高い営業リスト」をたった10秒で作成できます。

さらに営業代行として、問い合わせ自動送信ロボ「Daniel」があります。

これにより、ApoKakuに依頼することで精度の高い新規顧客開拓を低コストで行うことができます。Danielはスクレイピングなどの技術を使っており高性能です。

また、専属のエンジニアがコンサルを行ってくれるので目標のズレが起こりにくいです。

予算感:数万円〜(営業規模から要相談)

ApoKaku

成果報酬型のおすすめ営業代行会社「アズ株式会社」を比較

中小企業で大きな会社に営業代行を依頼する余裕はない。

だけど成果は欲しい。

このような場合には、成果報酬型の営業代行に強みを持つ営業代行会社の、アズ株式会社 がおすすめです。

アズ株式会社は、営業関連コンテンツに他に比較した強みの成果報酬型の営業代行会社です。

アズ株式会社は成果報酬型の料金体系なので、成果に費用を払いたい中小企業におすすめです。

また、新人営業協力にも力があり、自社の営業力を高めるためにもおすすめの営業代行会社です。

予算感:営業代行サービスが初期費用300,000円/回〜+成果報酬
アズ株式会社

新規事業のおすすめ営業代行会社「カリーグズ」を比較

カリーグズ は、新規事業のマーケティングから営業力強化まで一括して行う営業代行会社です。

顧客のニーズの有無を確認するテストマーケティングを実施し、フェードバックを元にサービスに活かすPDCAに他に比較した強みを持ちます。

さらには回したPDCAをマネタイズするための営業支援までワンストップでサービスを提供しています。

営業代行を依頼する費用に関しては、企業HPでの記載がありませんでした。

お手数ですが費用については直接企業へ問い合わせをお願いします。

カリーグズ

まとめ

関連画像
いかがでしたか?

営業代行会社の比較の仕方についてご理解いただけたでしょうか? また、営業代行についてお考えになれるきっかけになれれば幸いです。

今回は以下のことをご紹介しました。

営業代行会社を比較する際のポイント
  • ・解決したい問題点を明確にする
  • ・打ち合わせをこまめに行ってくれる会社を選ぶ
自社にあった営業代行を選べるように考えて営業代行を依頼しましょう。