アポ獲得の自動化の方法と自動化ツール

皆様の会社の営業でのアポ獲得は順調ですか?

アポ獲得には注力しているつもりでも、なかなか結果に現れない企業の方もいるのではないでしょうか?

そんなアポ獲得のお悩みはアポ獲得の自動化によって解決するかもしれません。

アポ獲得の自動化によって人件費を節約し、効率的な営業活動を行えるようになった企業がたくさんあります。

そこで今回は、アポ獲得を自動化する際のポイント、そしてアポ獲得の自動化の注意点、最後におすすめのアポ獲得の自動化ツールについてご紹介させていただきます。

アポ獲得の自動化をお考えの方にとって、上手く自動化を導入するヒントになれば幸いです。

またアポ獲得自動化ツールに使われる技術のスクレイピングについては以下の記事に書いてあります。

スクレイピングでできること&応用でできること

アポ獲得を自動化するための3つの方法

関連画像
アポ獲得の自動化は、営業リストの作成→問い合わせ→アポ獲得の順で行われます。

しかし、無闇にアポ獲得を進めようとしてもアポ獲得自動化ツールを使いこなすことはできません。

そこで、アポ獲得自動化ツールを使いこなすための3つのポイントをご紹介いたします。

アポ獲得自動化ポイント①営業リストの精度

アポ獲得の自動化に限らずですが、アポ獲得の自動化には特に営業リストの精度がポイントです。

アポ獲得自動化ツールに精度の低い営業リストを使わせても時間の無駄になるだけです。

サービスを必要としているタイミングに必要なサービスを提案しなければ、アポ獲得の自動化は成功しないでしょう。

そこでアポ獲得をするために、営業リストの作成にはたくさんの視点からターゲティングをしましょう。

自社のサービスの導入実績が多い企業や、乗り換えや並行での利用を期待して自社の競合サービスを利用中の企業などに提案しするのが効率的です。

また、営業リストの作成の自動化も考えてみても良いかもしれません。

営業リストは自社作成が最適? リスト入手・作成方法の比較検討

アポ獲得自動化ポイント②興味喚起と信頼性の確保

アポ獲得の自動化のために、問い合わせの内容を興味がもたれ信頼されるものにしましょう。

興味のないものをたくさん送っても返信は来づらいでしょう。

アポ獲得の自動化の問い合わせでは受け取った相手の心に響く内容を心がけましょう。

なぜ御社に連絡したのか、何について、どんなふうに自社のサービスが役に立つのかを端的に伝えましょう。

安い、お得、便利のように誰に対しても同様のメリットではいけません。

アポ獲得の自動化によくある失敗なのですが、いくら自動化とはいえばらまきの問い合わせに見えてしまうと効果的ではありません。

また、有名でない企業やサービスの場合には実績を伝え信頼を得ることも重要です。

利用者数やサービス継続率などを具体的に書きましょう。

アポ獲得自動化ポイント③長期目線の効果計測、PDCAの継続

アポ獲得の自動化にはメリットが多いです。

しかし、デメリットとしては短期的には効果が得にくいことが挙げられるでしょう。

アポ獲得の自動化のためには営業リストや問い合わせ内容について幾度となく修正が必要だからです。

数回、数ヶ月では効果は目には見えてこないでしょう。

少なくとも、アポ獲得の自動化ツール導入後半年以上、1年以上継続した後の効果を確認するようにしましょう。

アポ獲得の自動化の目標もそれに合わせた長期的な視点で考えましょう。

アポ獲得ツールによる計測機能の自動化やABテスト機能なども用いてPDCAを継続しましょう。

アポ獲得の自動化の注意点

関連画像
アポ獲得の自動化と聞けば全てを機械に任せそうですが、そうではありません。

高性能なアポ獲得自動化ツールを用いても使い方が悪ければ無駄遣いになってしまいます。

以下の二つの注意点があります。

アポ獲得自動化の注意点①適度な連絡に止める

アポ獲得の自動化は手間が大幅に減ります。

そのため、しつこく連絡してしまう方がいます。

適度な連絡を心がけましょう。

アポ獲得自動化ツールによる問い合わせは文字情報です。

返信がなくとも、みていただいている可能性が高いです。

アポ獲得のつもりが迷惑メールだと判断されないようにしましょう。

アポ獲得自動化の注意点②相手にあった提案理由を考える

自社のサービスや製品が営業リストの企業にどのように役に立つのかを考えましょう。

アポ獲得自動化ツールを使えば、手間が省けます。

その余った時間を使い、数で勝負することのないようにしましょう。

時間を有効に使うために、提案理由を熟考しアポ獲得の確率を上げることに時間を使わなければなりません。

アポ獲得自動化ツール「Daniel」

関連画像
それではアポ獲得自動化ツール「Daniel」をご紹介します。

DanielはAIスタートアップのQuickWorkが運営する最先端のAI・RPA技術を活用したアポ獲得自動化ツールです。

Danielを使うことで、本来注力すべきであった顧客満足度向上に時間を投じることができます。

Danielを使えば、問い合わせの自動送信設定は管理画面上から1分程度で簡単に行うことができます。

簡単に進捗把握ができるUX/UIが特徴です。

例えば、ダッシュボード上で「当月サマリ」「契約内容」「問い合わせ自動送信結果」を確認できます。

Danielでアポ獲得自動化をすれば、営業マン一人の採用よりも安価でかつ、売り上げ向上に寄与できるとは幅広くの企業で判断されています。

アポ獲得の自動化をお考えの方は一度Danielのサービスを導入するためにApoKaku に連絡をとってみましょう。

以下がApoKaku のHPです。

ApoKaku