Danielは問い合わせフォームへ自動送信を行うAI営業マンだ

問い合わせフォームへの自動送信システムをご存知でしょうか?

AIを使い、企業の問い合わせフォームに自動送信を行うことができます。

これにより、リード獲得を自動で行うことができるようになります。

問い合わせフォームへの自動送信サービスの中で代表的なものに、Danielがあります。

DanielはAIによる営業支援を行っているQuichWorkという会社のサービスです。

今回はDanielの問い合わせフォームへの自動送信システムの強みのご紹介をします。

また、Daniel以外問い合わせフォームへの自動送信システムについては以下の記事をご覧ください。

問い合わせフォーム自動送信システム徹底比較

問い合わせフォーム自動送信システム「Daniel」

関連画像
AIスタートアップのQuickWorkが問い合わせフォーム自動送信ロボであるDanielをリリースしました。

Danielは最先端のAI・RPA技術を活用しており、同社の運営する次世代型企業データベース「ApoKakuDB」にDanielの既往が追加されました。

Danielによる問い合わせフォームへの自動送信機能追加により、AopoKaku導入企業は営業生産性が大幅に改善されます。

Danielによりリード獲得の自動化が行われ、本来注力すべきである顧客満足度向上に時間を投じることができるようにます。

Danielのサービス詳細

問い合わせフォームへの自動送信設定は管理画面から1分で行えます。

また簡単に進歩把握ができるUX/UIが特徴です。

例えば「当月サマリ」「問い合わせ自動送信結果」「契約内容」がダッシュボード上で確認できます。

問い合わせフォームへの自動送信機能は、営業マン一人当たりの採用よりも安価で売り上げ向上につながるとの評価が多くあります。

Danielをリスト作成から問い合わせフォームへの送信までを含めた営業マンのコストと比較して導入を検討しましょう。

Danielの特徴

問い合わせフォーム自動送信ロボ「Daniel」は同社の二つのサービスを活用しています。

一つは営業リスト作成サービスApoKaku のターゲティング機能です。

自社へニーズのある顧客をターゲキングし、無駄のないアプローチをすることができます。

二つ目はTechOrderのRPAの基盤システムです。

これが問い合わせフォームへの自動送信機能を実装します。

この二つのサービスが営業のターゲティングから問い合わせフォームへの自動送信、リード獲得までを自動化、効率化しています。

それではDanielの二つの特徴について詳しくご紹介します。

Danielの特徴①「ApoKakuのターゲティング」

営業リスト作成サービス「ApoKaku 」はDanielの基盤となるサービスです。

これにDanielが追加され、問い合わせフォームへの自動送信機能が実現されました。

ApoKakuは詳細のBtoBターゲティングを強みとしています。

売上・設立年・求人媒体タグ・資本金・メディア掲載実績タグ・拠点数・従業員数・上場区分などに加え400種類以上の業界や9,000種類以上の事業シナリオでのデータベース検索が可能です。

上記のようにBtoBターゲティングに必要な情報を独自付与したデータベースを保有しています。

これにより、「手作業で作成するより精度の高い営業リスト」をたった10秒で作成できます。

ApoKakuの詳細やお問い合わせは以下のサイトどうぞ。

ApoKaku

Danielの特徴②「TechOrderによる自動送信」

同社の別サービスである
TechOrderのRPAの基盤システムを活用し、Danielは問い合わせフォームへの自動送信機能を実装しています。

問い合わせフォームへの自動送信により、リード獲得までを自動化できます。

また、TechOrderは自動送信の他に、新規顧客開拓やサイトの強化、データ分析に使えます。

TechOrderの他のRPAツールに比べたポイントは以下に詳しく書いてあります。

RPAを進めるためにTechOrderを使ってwebクローラーを導入しよう

また、TechOrderの詳細やお問い合わせは以下のサイトにお願いします。

TechOrder

ApoKakuに問い合わせ、Danielを導入しよう

関連画像
今回は問い合わせフォームの自動送信システムDanielについてご紹介しました。

前述の通り、Danielは同社のサービスであるApoKaku に問い合わせフォーム自動送信システムを追加したものです。

もし、ご興味をお持ちいただければ以下のサイトにお問い合わせください。

ApoKaku また、他の問い合わせフォームへの自動送信システムについては以下の記事をご覧ください。

問い合わせフォームへの自動送信システムランキング