リードジェネレーションとは?方法まとめ

リードジェネレーションと言う言葉をご存知でしょうか?

見込み顧客(リード)を生み出す(ジェネレーション)ことを言います。

今回はそんなリードジェネレーションの方法を一覧にしてご紹介したいと思います。

リードジェネレーションには代表的なものに以下の9つがあります。

  • 1.コンテンツマーケティング
  • 2.資料ダウンロードサイト
  • 3.ネット広告
  • 4.SEO
  • 5.ウェビナー
  • 6.展示会
  • 7.セミナー
  • 8.テレアポ
  • 9.飛び込み営業

それではリードジェネレーションの一覧を見ていきましょう。

オンラインのリードジェネレーションの方法5選

関連画像
まずはオンラインのリードジェネレージョンを一覧にしてまとめてご紹介します。

リードジェネレーションの方法1.「コンテンツマーケティング」

コンテンツマーケティングとは、制作したコンテンツに興味を持った人の中からリードを獲得するリードジェネレージョンの方法です。

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを制作し、サービスや商品のファンを作ります。

例えば、見込み顧客の課題を解決するノウハウ記事や動画コンテンツを制作するリードジェネレーションの方法が含まれます。

メリット

コストがネット広告などの方法に比べて安いです。

制作したコンテンツが半永久的にリードジェネレーションにつながる方法です。

デメリット

良質なコンテンツを作成するためのスキルや人員の確保が難しい方法です。

リードジェネレージョンの方法2.「資料ダウンロードサイト」

複数企業の資料をまとめ、一覧にして掲載している資料ダウンロードサイトもリードジェネレーションの方法の一つです。

資料ダウンロードサイトの一覧を見て、自社の資料を請求してきたユーザーを見込み顧客として獲得します。

資料ダウンロードサイトで入力されたユーザーの情報からアプローチできます。

メリット

資料ダウンロードサイトへの登録をする手間のみでリードジェネレーションを行えます。

デメリット

資料の一覧からのダウンロードのため、他社とまとめてダウンロードされるケースが多く、自社に興味の薄い見込み顧客も集まりやすいです。

リードジェネレーションの方法3.「ネット広告」

ネット広告は短期間で確実に見込み顧客を獲得できるリードジェネレーションの方法です。

ネット広告は期間や予算の調整に自由が効き、限られた期間での見込み顧客の獲得に有効です。

メリット

ネット広告は自社サービスに関心のあるユーザーに集中的にアプローチできます。

オフラインに比べ、効率の良いリードジェネレーションが可能です。

デメリット

出稿する媒体の選定にスキルが必要で、運用の難しいリードジェネレーションです。

しかし、コストかさみますが広告代理店に外注することもできます。

リードジェネレーションの方法4.「SEO」

SEOもリードジェネレーションの方法の一つです。

ユーザーがある検索キーワードで検索した時に、自社サイトが上位に表示されるようにするリードジェネレーションです。

そこから自社サイトにアクセスした人を見込み顧客として獲得します。

メリット

自社で運営するため、比較的コストが低いです。

デメリット

リードジェネレーションの成果が出るまでに時間がかかります。

これは検索エンジンがページのコンテンツを評価してくれるのに時間がかかるためです。

半年から一年は目に見える成果が現れないことも多いです。

リードジェネレーションの方法5.「ウェビナー」

ウェビナーとは、「Web」と「セミナー」を掛け合わせた用語です。

オンライン上で行われるセミナーで、リードジェネレーションの方法の一つです。

オフラインのセミナーに比べ、場所や人員の必要がなく、近年注目されています。

配信方法には録画配信とリアルタイム配信があり、音声通話やチャットを通して質問等ができます。

メリット

セミナー会場に行かなくても良いため、気軽に参加しやすいです。

多くのユーザーに対する、効率の良いリードジェネレーションができます。

デメリット

ウェビナーの参加者の集客が必要です。

オフラインのリードジェネレーションの方法4選

関連画像
ではここからは、オフラインの手法を一覧にしてまとめてご紹介していきます。

リードジェネレーションの方法6.「展示会」

展示会がオフラインのリードジェネレーションの代表的な方法の一つです。

展示会では各企業がブースを出します。

興味を持った人と名刺交換をし、見込み顧客の獲得がまとめてできます。

メリット

展示会にはテーマが設定されており、ある程度興味を持った人の中からまとめて見込み顧客の獲得ができます。

直接会話ができ、興味のあるポイントの確認もできます。

デメリット

出店量が数十万円かかります。

接客のための人手が必要なリードジェネレーションの方法でもあります。

リードジェネレーションの方法7.「セミナー」

自社の持つノウハウを教えるセミナーを開催する方法です。

自社サービスの宣伝をまとめてさりげなく行いリードジェネレーションを行います。

メリット

セミナーの内容に興味を持つ人がまとめて集まるため、顧客になりやすい見込み顧客の獲得ができます。

デメリット

セミナーの集客を行わなければいけません。

場所や、セミナーを行う人員の確保など準備に手間のかかるリードジェネレーションです。

リードジェネレーションの方法8.「テレアポ」

プッシュ型アプローチのリードジェネレーションとして、テレアポがあります。

見込み顧客になりそうな企業にまとめて電話をかけ、商品の紹介をする方法です。

営業リストの作成やトーク内容の工夫によりリード獲得率を上げます。

営業リストは自社作成が最適? リスト入手・作成方法の比較検討

メリット

コストが人件費と電話代のみです。

直接会話ができ、ニーズを聞き出せます。

デメリット

興味を持っていることが少なく、成功率が低いです。

リードジェネレーションの方法9.「飛び込み訪問」

リードジェネレーションの最終方法に、飛び込み訪問があります。

訪問する会社の一覧を見て、営業担当者が各企業に直接訪問しに行く方法です。

メリット

コストが人件費のみ 話を聞いてもらえれば、ニーズをその場で聞き出せる

デメリット

全く興味を持っていない顧客が多く、成功率が他の方法より低い 一方、見込み顧客の育成から受注までを効率的にまとめて行うのがインサイドセールスです。

新しい営業方法で、特にBtoB業界では注目されています。

効率化に適切なインサイドセールスのメリットとデメリットとは

リードジェネレーションの営業リスト作成にはApoKaku

関連画像
リードジェネレーションの方法を学んでいただけたでしょうか?

リードジェネレーションの方法が良くても、ターゲティングができていなければ効果は薄いです。

そこで、営業リスト作成サービスのApoKaku です。

ApoKaku とは、顧客それぞれに専用の営業リストの一覧を作成してくれるサービスで、インサイドセールスの業界で有名になりつつあります。

リードジェネレーションに有効なリストを一覧で手に入れられます。

自社の専用のリストを作成できるため、業界に出回っているリストに比べ高い反響が見込めます。

まずはApoKaku に問い合わせをして資料請求やベーシックプランの相談してみましょう。
ApoKaku