問い合わせフォームへの自動送信システムランキング

問い合わせフォーム自動送信ツールには、それぞれに特徴がありますので、比較して自社にあったものを選びましょう。

問い合わせフォームへの自動送信ツールの価格や使い方などを実際にチェックしましょう。

また、自動送信に使われる技術のスクレイピングについてはこちら に書いてあります。

それではランキング問い合わせフォームへの自動送信システムTOP3は以下のとおりです。

1位:AI営業マン「Daniel」

関連画像
QuickWorkが運営する営業リスト作成サービス、最先端のAI・RPA技術を活用した問い合わせ自動送信ロボ「Daniel」がリリースされました。

Danielにより問い合わせフォームへの自動送信を行うことができます。

費用は数万円〜と自動送信システムの導入もしやすいです。

Danielの特徴①使いやすいUX/UI

問い合わせフォームへの自動送信設定が管理画面上から1分程度で簡単に行うことができます。

ダッシュボード上で「当月サマリ」「問い合わせ自動送信結果」「契約内容」を確認できます。

つまり簡単に進捗把握ができるUX/UIが特徴です。

Danielの問い合わせフォームへの自動送信機能は、営業マンを雇うよりも安価で売り上げ向上に寄与すると評価されています。

Danielの特徴②ApoKakuのターゲティング

ApoKaku はDanielの基盤となる同社の営業リスト作成サービスです。

ApoKakuは詳細のBtoBの顧客ターゲティングを強みにしています。

売り上げ、資本金、設立年などの基本的なものを合わせ、400種類以上の業界や9,000種類以上の事業シナリオでのデータベース検索が可能です。

このターゲティングの強みがDanielには、問い合わせフォームの自動送信の成約率への向上に生かされています。

ApoKaku

Danielの特徴③TechOrderによる自動送信

Danielには同社の別サービスであるTechOrder のRPAの基盤システムを利用しています。

これにより問い合わせフォームへの自動送信機能を実装しました。

問い合わせフォームへの自動送信により、アポイントの獲得までを自動化することができます。

また、問い合わせフォームへの自動送信の他には、新規顧客開拓やデータ分析、サイトの強化にTechOrderを使うことができます。

TechOrderの他のRPAツールに比べたポイントは以下に詳しく書いてあります。

RPAを進めるためにTechOrderを使ってwebクローラーを導入しよう

Danielの導入にはApoKakuから問い合わせましょう。

2位: Knock bot

関連画像
企業サイトの問い合わせフォームまたは、メールアドレスにKnockbotは自動送信します。

平日10a.m.から6p.m.まで、営業代行として問い合わせフォームへの自動送信を行います。

営業効率のUPや新規取引先開拓、人件費の削減ができます。

配信費用1件5円〜(後払い)

問い合わせフォームへ自動送信した件数でのお支払いです。

レギュラープランで5円/件、プレミアムプランで10円/1件です。

最低1000件の注文配信から行えます。

プレミアムプランにすると、自動送信完了リストやクリック履歴の開示をすることができるようになります。

Knock botの特徴①100万件からターゲティング

全国100万件の各種法人並びに事業者リストから、問い合わせフォームの自動送信先をターゲティングできます。

キーワードや従業員数、資本金、業種、地域などから絞れます。

Knock botの特徴②無料コンサルティング

自社に適した問い合わせフォームへの自動送信方法、メッセージの原稿について無料コンサルティングを受けることができます。

こちらの問い合わせフォーム自動送信ツールの公式サイトは以下にあります。

Knockbot

3位:問い合わせにょ〜る

関連画像
問い合わせにょ〜るは、問い合せフォームの自動送信ツールです。

複数の企業サイトの問い合わせフォームに一斉に自動送信できます。

問い合わせフォームへの自動送信は、電話やFAXよりも連絡がつきやすいです。

営業のアポ取りやPRに使えます。

配信費用

問い合わせにょ〜るではリストの取得価格と自動送信の価格に分かれています。

初期費用はかかりません。

リストの取得価格は
1~1000件:20円/件
1001件〜2000件:18円/件
2001件〜5000件:15円/件
5001件以上:10円/件
です。

自動送信料は
1~1000件:45円/件
1001件〜2000件:44円/件
2001件〜5000件:43円/件
5001件以上:40円/件
です。

問い合わせにょ〜るの特徴①配信の成功を確認できる

問い合わせフォームからの自動送信の成功した数を確認できます。

問い合わせフォームのリンク切れなどに対応できます。

問い合わせフォームへの自動送信の効果測定が正確にできます。

問い合わせにょ〜るの特徴②URLを貼れる

問い合わせフォームへの自動送信に動画やURLを貼ることができます。

サービスの認知に役立ちます。

FAXや電話などよりもすぐにお試ししていただけます。

価格も50円以下で割安です。

こちらの問い合わせフォーム自動送信ツールの公式サイトは以下にあります。

問い合わせにょ〜る