リード獲得の自動化を成功させる方法と注意点

一般的にリード獲得とは、法人の見込み顧客を獲得することを言います。

特にリードとは自社のコンタクトに対してアクションをとってくれた顧客を言うこともあります。

ですので、リード獲得の自動化とは自社に何らかのアクションをとってくれる顧客を自動的に増やす方法の導入を指します。

この記事では、リード獲得自動化ツールを導入する際のポイント、そしてリード獲得の自動化の注意点をご紹介します。

リード獲得の自動化をお考えの方にとって、上手く自動化ツールを導入するヒントになれば幸いです。

またリード獲得自動化ツールに使われる技術のスクレイピングについては以下の記事に書いてあります。

スクレイピングでできること&応用でできること

リード獲得を自動化するための3つの方法

関連画像
リード獲得を自動化することができれば、自動的にメールが送信され効率化できます。

しかし、無闇に進めるのではリード獲得自動化ツールを使いこなすことはできません。

リード獲得自動化ツールを使いこなすための3つのポイントをご紹介いたします。

リード獲得自動化ポイント①営業リストの精度

自動化に限ったことではありませんが、リード獲得には営業リストの精度がポイントです。

サービスを必要としていて、必要としているタイミングに提案しなければリード獲得はできません。

これは従来のテレアポと同様です。

リード獲得をするために、営業リストの作成には様々な視点からターゲティングをしましょう。

例えば、自社のサービスの導入実績や、乗り換えや並行利用をしそうな競合サービスを利用している企業の営業リストを作成しましょう。

また、営業リストの作成の自動化も考えてみても良いかもしれません。

営業リストは自社作成が最適? リスト入手・作成方法の比較検討

リード獲得自動化ポイント②興味喚起と信頼性の確保

リード獲得の自動化のためには、メールの内容を興味が持て、信頼されるものにしなければなりません。

そこでリード獲得のために、受け取った相手に響くように工夫しましょう。

なぜ御社に連絡したのか、どんな課題を、どのような方法で解決できるのかを端的に述べましょう。

安い、お得、便利のように誰に対しても同様のメリットではいけません。

いくら自動化とはいえ、ばらまきのメールに見えないようにしましょう。

また、有名でない企業やサービスの場合には実績を伝え信頼を得ることも重要です。

利用者数やサービス継続率などで具体的な数字を書きましょう。

リード獲得自動化ポイント③長期目線の効果計測、PDCAの継続

リード獲得の自動化にはメリットも多いですが、自動化の導入直後に効果が出るわけではありません。

リード獲得のための営業リストや提案メールには何度も修正が必要です。

数回や数ヶ月ではなく、少なくとも自動化ツール導入後半年以上、可能であれば1年以上継続した後の効果を確認しましょう。

リード獲得自動化の目標もそれに合わせ、長期的な視点で考えるようにしましょう。

リード獲得ツールによる計測機能の自動化やABテスト機能なども用いてPDCAを継続しましょう。

リード獲得の自動化の注意点

関連画像
リード獲得ツールによる自動化は、どれだけ高性能であっても使い方が悪ければ結果につながりません。

以下の二つの点に注意しましょう。

リード獲得自動化の注意点①適度な連絡

リード獲得の自動化ツールは手間がかからないためしつこく連絡してしまう方がいます。

我慢して適度に連絡するようにしましょう。

メールは文字情報であり、返信がない場合もみていただいている可能性が高いです。

リード獲得のつもりが、迷惑メールだと判断されてしまうことのないようにしましょう。

リード獲得自動化の注意点②提案理由

自社のサービスが送信先の企業にどのように役に立つのかを考えましょう。

リード獲得ツールによる自動化によって手間が省けます。

しかしそれを理由に数で勝負してしまってはリード獲得をすることはできません。

提案理由を熟考し、営業リストの質を高めリード獲得の自動化を成功させましょう。

リード獲得自動化ツール「Daniel」

関連画像
AIスタートアップのQuickWorkが運営する次世代型企業データベース「ApoKakuDB」に、最先端のAI・RPA技術を活用したリード獲得自動化ツール「Daniel」がリリースされました。

このリード獲得自動化の機能の追加により、同社のサービスである「ApoKaku」導入企業は営業生産性が大幅に改善されます。

本来注力すべきであった顧客満足度向上に時間を投じることができます。

まさにAI営業マンの時代がやってきました。

Danielのサービス詳細

問い合わせの自動送信設定は管理画面上から1分程度で簡単に行うことができます。

ダッシュボード上で「当月サマリ」「契約内容」「問い合わせ自動送信結果」を確認できる仕様となっています。

簡単に進捗把握ができるUX/UIが特徴です。

自動送信機能は幅広くの企業で、営業マン一人の採用よりも安価でかつ、売り上げ向上に寄与できると判断されています。

リード獲得の自動化をお考えの方は一度Danielのサービスを導入するためにApoKakuに連絡をとってみましょう。

以下がApoKakuのHPです。
ApoKaku