求人広告を営業リストに利用!求人広告営業マンが契約を取る方法

営業戦略を立てるにはデータを生かす必要があります。

特に求人広告の営業では、営業リストを求人広告のデータと結びつけて判断する効果があります。

今回は求人広告の情報を営業リストに利用する方法についてご紹介します。

求人広告の営業リストの優先順位をつけ、行くべきところに営業を行うようにしましょう。

求人広告営業マンの方、是非ご覧ください。

また人材業界の営業リスト作成ランキングは以下にあります。

人材業界の営業リスト作成ツールランキング

求人広告のデータを営業リストに利用するポイント


関連画像
それでは求人広告のデータを営業リストに利用する方法を紹介します。

営業リストの優先順位を求人広告のデータからつけましょう。

求人広告営業point①従業員数の推移と求人広告出稿

求人広告の出稿頻度を、その求人広告を出している会社の従業員数の推移と比較しましょう。

以下の二つの営業リストの優先度が求人広告営業では高いです。

①優先営業リスト「従業員数↑、求人広告出稿頻度↑」

従業員数が伸びていて、求人広告の出稿頻度が高ければ、拡大傾向にある確率が高いです。

求人広告に募集している以外にもニーズがあるかもしれません。

営業リストの優先順位を上げ、多角的にアプローチしましょう。

②優先営業リスト「従業員数→、求人広告出稿頻度↑」

求人広告出稿頻度が高い割に従業員数が伸びていなければ、離職率が高いかもしれません。

原因は様々ですが、募集の段階でミスマッチがあるかもしれません。

求人広告の打ち出し方や選考方法などで防ぐ案を提案しましょう。

営業リストの段階で提案の種類をある程度考えておくと良いでしょう。

求人広告営業point②求人広告掲載のタイミング

求人広告掲載のタイミングから、営業リストのアプローチすべき優先順位をつけましょう。

特に以下の2つは営業リストの優先度が求人広告営業では高いです。

①優先営業リスト「毎年同じ時期に採用活動をしている」

今年も同じ時期に採用を行うでしょう。

求人広告から読み取った採用活動の時期の2ヶ月ほど前に連絡を取りましょう。

②優先営業リスト「掲載終了後2〜3カ月後」

求人広告掲載終了後2~3ヶ月後は、採用が終了し早期退職者が現れます。

採用活動の再開をすることもありますので、営業リストの優先度を上げ、状況の確認を取りましょう。

求人広告営業point③求人広告の掲載が増えている業界

求人広告への掲載が増えている業界の営業リストに注目しましょう。

世の中全体で伸びている業界の営業リストであるかもしれません。

実際に求人広告を出していなくでも、採用ニーズが高く、潜在的な需要があるかもしれません。

求人広告営業point④求人広告の掲載直後の会社

求人広告の掲載直後の会社は採用活動を始めたばかりです。

各求人媒体の更新日を把握し求人広告の掲載をチェックしましょう。

求人広告掲載直後の会社の営業リストの優先度を高め、すぐにアプローチしましょう。

人材業界の営業リスト作成にはApoKaku


関連画像
求人広告のデータを営業リストに利用する方法は学んでいただけたでしょうか?

求人広告の営業マンのお役に立てれば幸いです。

求人広告だけでなく、営業リスト作成には様々なものが使えます。

例えば、人材業界の営業リスト作成サービスで今注目を浴びているものがあります。

それはApoKaku です。

ApoKaku は、顧客それぞれに専用の営業リストを作成してくれるサービスです。

求人広告のデータだけでなく、それぞれの会社にあった営業リストの作成を行います。

従業員数/住所/上場/設立年月日/売上/資本金/toB,toC/メールアドレス有無/電話番号有無/問い合わせフォーム有無、など15を超える項目から条件を絞り込みます。

営業リスト作成の契約期間中は何度も条件を調整してデータ取得も可能です。

条件指定したデータと、専用のクローラーで抽出したデータにより、アポ率・成約率の向上が見込めます。

専用の営業リストのため、出回っている営業リストに比べ高い反響が見込めます。

アポカクに問い合わせをして営業リスト作成の資料請求やプランの相談してみましょう。

ApoKaku

またApoKakuに使われているスクレイピングについては以下の記事にあります。

スクレイピングでできること&応用でできること