問い合わせの自動送信はAI営業マンが行う時代に

「人よりも維持費を抑えられ、人よりも売上向上に貢献できるAI営業マン」

株式会社QuickWork(代表取締役:村岡 功規)は問い合わせ自動送信ロボ「Daniel」のα版をリリースしました。

今回はDanielの自動送信システムの強みや、他のAIサービスのご紹介をします。

また、AIの営業に欠かせないスクレイピングについては以下の記事に書いてあります。

スクレイピングでできること&応用でできること

AI営業マン「Daniel」

関連画像
AIスタートアップのQuickWorkが運営する次世代型企業データベース「ApoKakuDB」に、最先端のAI・RPA技術を活用した問い合わせ自動送信ロボ「Daniel」のα版がリリースされました。

この自動送信機能追加により、同社のサービスである「ApoKaku」導入企業は営業生産性が大幅に改善され、本来注力すべきであった顧客満足度向上に時間を投じることができます。

まさにAI営業マンの時代がやってきました。

Danielのサービス詳細

問い合わせの自動送信設定は管理画面上から1分程度で簡単に行うことができます。

ダッシュボード上で「当月サマリ」「問い合わせ自動送信結果」「契約内容」を確認できる仕様となっています。

簡単に進捗把握ができるUX/UIが特徴です。

自動送信機能は幅広くの企業で、営業マン一人の採用よりも安価でかつ、売り上げ向上に寄与できると判断されています。

このAI営業マンをリスト作成から問い合わせまでを含めた営業マンのコストと比較してみるのも面白いかもしれません。

AI営業マン「Daniel」の強み

今回発表された問い合わせ自動送信ロボ「Daniel」は同社の別の2つのサービスを活用しています。

ひとつはApoKakuのターゲティング機能です。

これによりサービスニーズの高い顧客を特定し、その対象にのみアプローチすることができるため高いアポイント獲得率・成約率が見込めます。

もうひとつはTechOrderのRPAの基盤システムです。

これにより問い合わせ自動送信機能を実装しました。

この二つにより、営業のターゲティングから問い合わせ、アポイント獲得までを自動化・効率化しました。

それではこのAI営業マンDanielの二つの特徴について解説していきます。

Danielの特徴①「ApoKakuのターゲティング」

ApoKakuはAI営業マンDanielを利用する基盤となるサービスです。

ApoKakuは営業リスト自動作成サービスです。

Danielの前には自動送信機能は存在していませんでした。

「ApoKaku」は詳細のBtoB顧客ターゲティングを強みとしております。

売上・資本金・メディア掲載実績タグ・拠点数・設立年・求人媒体タグ・従業員数・上場区分などに加え400種類以上の業界や9,000種類以上の事業シナリオでのデータベース検索が可能です。

上記のようなBtoBマーケティングに必要な情報を独自付与したデータベースを保有しているため、 「手作業で作成するより精度の高い営業リスト」をたった10秒で作成できます。

ApoKakuの詳細やお問い合わせは以下のサイトにお願いします。

お問い合わせはこちら:ApoKaku

Danielの特徴②「TechOrderによる自動送信」

同社の別サービスであるTechOrderRPAの基盤システムを活用し、Danielは問い合わせ自動送信機能を実装しています。

問い合わせの自動送信により、アポイントの獲得までを自動化することができます。

また、自動送信の他には、新規顧客開拓やデータ分析、サイトの強化にTechOrderを使うことができます。

TechOrderの他のRPAツールに比べたポイントは以下に詳しく書いてあります。

RPAを進めるためにTechOrderを使ってwebクローラーを導入しよう

また、TechOrderの詳細やお問い合わせは以下のサイトにお願いします。

お問い合わせはこちら:TechOrder

別のAI営業支援サービス例

関連画像
AI営業マンDanielは問い合わせ自動送信機能でした。

ここでは他のAIの営業支援サービスについてご紹介します。

営業に関する業務は煩雑で、各営業の経験や感覚に頼っているものも少なくありません。

顧客情報や売上をデータで管理することで、誰が見ても同じ情報と分析結果を、いつでも確認することができます。

自動送信の他にも様々な営業の分野でAIは利用されています。

AIサービス「Senses」 Sensesでは営業の行動履歴と目標、営業案件、問い合わせ内容などの情報を一元管理できます。

情報の共有も可能であり、組織全体での成長促進ができるようになっています。

ある顧客への行動予定を入力すると、AI機能によって、業種や従業員数などの規模が近い企業への営業履歴を呼び出し、参考にすべき行動を提案してくれます。

この機能を使えば、顧客の問い合わせなどの対応も簡単に行えるようになります。

本当にコストを割かなければならない部分に力を入れることができます。

Sensesへのお問い合わせは以下からお願いします。

お問い合わせはこちら:Senses

まとめ

関連画像
今回は、AI営業マンDanielの問い合わせ自動送信機能についてご紹介いたしました。

自動送信だけでなくターゲティングにもAIには強みがあることをご理解いただけましたら幸いです。

他にもsensesをご紹介しましたが、近年では非常に多くのAI営業サービスが出てきております。

自社にあったものをお探しいただき、効率化を図るためにAIを利用していただきたいです。