RPAを進めるためにTechOrderを使ってwebクローラーを導入しよう

皆さんはRPAをご存知でしょうか?

日本では2016年ごろからビッグデータ 、セールステックなどとともにこの言葉が広まり、一大ブームとなりました。

多くの人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

しかしその概念や導入についてはまだそれほど浸透していないようです。

そこで今回はRPAについてのご紹介と、その導入のおすすめツール「TechOrder」についてご説明させていただきます。

RPAとは

関連画像
RPAとは「Robotic Process Automation」の略称です。

ホワイトカラーのデスクワークを、ソフトウェア型のロボットが代行することを意味します。

R P Aは繰り返しの作業によく活用されます。

例えば、以下のようなことができます。

  • ・インターネット上にある情報の収集
  • ・サイトの更新
  • ・Excelへのデータ入力
  • ・サーバーのコマンド操作・DBソフトの操作
  • ・インストール作業
  • ・印刷、PDF化の作業
  • ・ビッグデータの収集


このようなデスクトップ上の操作であればほとんどのことが自動化できます。

RPAツールで操作を登録することができるからです。

ロボットが行うメリットとしては、ミスなく正確に早く行うことができる点ビッグデータなど人の手に負えないものを扱える点です。

RPAツールは人件費の削減、作業効率の向上につながります。

応用すれば、ビッグデータを収集し、分析、意思決定をするなどの段階までを行うことができます。

RPAツールを選ぶ上でのポイント

関連画像
それではどのようにして自社にあったRPAツールを選べば良いのでしょうか?

RPAツールを選ぶ際、幾つかのポイントがあります。

自動化する範囲の特定

R P AツールにはPC上の操作を自動化するものから、ビッグデータを収集するもの、経理を行うものなど、多種多様なものがあります。

自動化する業務にあったものを選ぶために、その範囲を特定することが必要です。

カスタマイズが出来るかをチェックする

RPAツールの導入後にカスタマイズができるのかを確認しましょう。

導入前には気づかなかったことが、使い始めると見えてきます。

カスタマイズが可能であれば対応することができます。

また、プログラムの追加による機能拡張をしたい場合にもカスタマイズが真脳なのかが関わってきます。

サポート体制があるかチェックする

RPAツールの導入後に動作不良が起こる場合があります。

サポート体制があるのかないのかでは、問題の解決への手間が大きく変わってきます。

チェックしておきましょう。

RPAツールのシステム動作環境のチェックする

RPAツールを動かすためのシステム環境を確認しましょう。

目的にあったRPAツールがあったとしても、それが社内のシステムに対応していない場合もあります。

これを確認していなければ、使うことができないRPAツールにお金をかけてしまうことになるでしょう。

RPA導入おすすめツール「TechOrder」

関連画像
TechOrderビッグデータを活用するwebクローラーです。

Webクローラーについてはこちらで紹介しています。

TechOrderはweb上に存在するビッグデータ から必要なものを取得し、有効なデータとして活用できます。

新規顧客開拓の強化といったような営業用途以外にも、キュレーションサイトの構築データ分析への応用マーケット調査等への利用もできるなど用途は多岐にわたります。

TechOrderについて詳しくご紹介いたします。

RPAツールの導入の参考になれれば幸いです。

TechOrderでできること

クローラー開発・ Webデータ収集に関わる機能は、ほぼ全て網羅されています。

TechOrderのクローラーの使用例は以下のようなものがあります。

・新規顧客開拓の強化

営業リスト作成や提供先の開拓に使われます。

・自社サイトの強化

キュレーションサイトの構築、ルーチン業務の自動化などを使って自社サイトの競争力を高めることができます。

・分析への活用

ビッグデータを利用し、市場分析や統計データ作成を行うことができます。

人では手に負えないビッグデータの活用などが行いやすいです。

・データ調査

データ調査ができます。

例えば、不動産価格の調査や競合価格の調査、口コミやレビューの調査を行うことができます。

TechOrderの特徴

TechOrderには以下の3つの特徴があります。

カスタマイズ性の高さ

業界トップクラスの機能の多さにより、カスタマイズ性が非常に高いです。

クローラー開発・ Webデータ取得関連の機能はほぼ全て網羅されています。

これにより、TechOrderでは必要なデータを必要な形で取得できます。

専属エンジニアが担当

TechOrderの専属のエンジニアが最低 1人担当します。

サイトのどの情報を取得するかなど、細かな条件指定が可能です。

納品までのスピードの早さ

最短当日、平均3営業日で納品されます。

TechOrderの社員全員がエンジニア出身のため、ノウハウが溜まっていることによりこれを実現しています。

TechOrderの価格プランと導入事例

TechOrderには単発プランと継続プランがあります。

それぞれご紹介いたします。

TechOrder~単発プラン~

初期費用50,000円、データ料金3円/1データ、サイト数1件で利用することができます。

データ数の上限はありません。

例えば、グルメサイトから東京の50席以上の飲食店を抽出する場合

20万円 (= 開発費5万円+3円 ☓50,000件)です。


※100万円を超える場合、一律 100万円となります

TechOrder~継続プラン~

初期費用0円、月額料金 50,000円、サイト数 1件、契約期間 半年、データ数 ~10,000件/月でのプランです。

サイト指定していただき、 定期的にデータを取得することができます。

価格調査やルーチン業務の自動化におすすめです。

まとめ

関連画像
いかがでしたか? RPAやTechOrderについての理解が深まったでしょうか?

ビッグデータの活用などにはRPAを導入することで大きく経費が削減されることがあります。

また、RPAツールには他にもたくさんのものがありますので、一つのご参考にしていただければ幸いです。

TechOrderのHPは以下になりますので、RPA導入をお考えの方はお気軽にご連絡ください。

TechOrder