予備校・塾のリスト作成はApoKakuへ依頼しよう!

予備校や塾の営業リスト作成はどの方法で行えば良いのでしょうか。

予備校や塾などの専門的な営業リスト作成を手動でおこなおうとすると大変な労力を必要とします。

リスト作成の方法は慎重に選ぶべきです。

自社の方針にマッチした方法でリスト作成を行わなければなりません。

そこで今回は予備校・塾の営業リスト作成の代表的な方法を二つ紹介したいと思います。

それは

  • 1.ポータルサイト
  • 2.営業リスト作成サービス
です。

それぞれのメリット・デメリットについてご紹介させていただきたいと思います。

予備校・塾への営業リスト作成にお悩みの方の手助けになれれば幸いです。

また、営業リスト作成に関して、以下の記事にも書いてありますのでぜひご覧ください。

営業リストは自社作成が最適? リスト入手・作成方法の比較検討 テレアポリストの作り方はここから学べ!準備、作成、運用に必要なこと!

予備校・塾のリスト作成方法⑴ポータルサイト

関連画像
一つ目にポータルサイトから営業リスト作成をする方法があげられます。

予備校・塾などターゲットが絞られている場合には、業種に絞ったポータルサイトを探します。

ポータルサイトにもいくつか種類がありますが、詳しい情報が載っているものを選びましょう。

そこから予備校の情報を手に入れて、リスト作成を始めましょう。

ポータルサイトの探し方は簡単で、例えば「予備校 リスト」や「塾 リスト作成」と調べることでいくつかのサイトを見つけ出すことができます。

ポータルサイトの選び方

ではいくつかあるポータルサイトの中で、それを選ぶべきなのでしょうか? ポータルサイトを選ぶ際には以下の3点が重要です。

  • ・ 情報が新しいサイト(更新頻度が高いサイト)
  • ・ 掲載件数の豊富なサイト
  • ・ 情報量が多量なサイト
これらを満たしているサイトからはコストを節約して予備校・塾のリスト作成を行うことができます。

それでは上記の3点を満たしたポータルサイトをご紹介します。

予備校のポータルサイトで最適なのは e-予備校ガイド です。

塾については塾情報 です。

この二つには全国の予備校・塾についての情報が載っています。

ここからリスト作成をするのは時間がかかりますが、費用を節約することができます。

営業のターゲットが具体的に絞られている場合には、この方法は向いていないかも知れませいん。

膨大な情報からターゲットを人の手で見つけるのは難しいです。

そこで、次にリスト作成ツールをご紹介します。

予備校・塾のリスト作成方法⑵リスト作成サービス

関連画像
では次に予備校・塾の営業リスト作成サービスについてご紹介させていただきます。

リスト作成サービスはAIなどの技術を使って、膨大なデータベースから営業ターゲットにマッチした企業のリストを抽出するツールです。

近年では技術発展により、多くのリスト作成サービスが出ています。

人間の手で行っていたことを自動化、効率化する流れの一つです。

ではリスト作成サービスに頼ると、どんなメリットがあるのでしょうか?

リスト作成サービスを使うメリット

スピード感

スピード感が最も大きなメリットでしょう。

ポータルサイトから予備校や塾のリスト作成を行うと、多くの時間が必要になります。

リスト作成サービスに頼ると、その時間を全て営業活動に当てることができます。

営業リストの質

営業リストの質を高めることが、もう一つ大きなメリットです。

AIを使うことで大量のデータから、自社にあった予備校・塾を選び出すことができます。

ターゲットに適したリスト作成を行えるので、成約率を大幅に上げることができます。

予備校・塾のリスト作成サービスの選び方

では、リスト作成サービスはどのような点を意識すれば良いのでしょうか?

以下の4点は必ず意識しなければなりません。

  • ・取得可能な項目数
  • ・検索項目の詳細さ
  • ・情報の新しさ
  • ・データベースの網羅性
では、上記の4点を満たしているリスト作成サービスのApoKakuについて今回は説明させていただきます。

ApoKakuは予備校・塾などのリスト作成に適した、クラウド型の リスト作成サービスです。

ApoKakuを使って予備校・塾のリスト作成をしよう

ApoKaku は数万円/月から利用できる営業リスト作成サービスです。

他のサービスに比べ4つの特徴があります。

  • ・約100万件のリストから検索ができる
  • ・初期費用が0で低コスト
  • ・求人媒体やメディア実績などの条件検索ができる
  • ・料金体系が多用
ApoKakuでは約100万件のデータから条件指定をしてリスト作成ができます。

例えば、初めに予備校・塾という対象のデータベースを選びます。

次に、その中で規模やメディア実績など様々な条件指定をしてリスト作成を始めます。

コストが低くそれぞれの企業に適したリスト作成を行える点が注目されています。

ApoKaku のホームページからは資料請求とともにデモ画面を見ることもできます。

実際に利用してみて、ApoKakuの使いやすさや自分たちの求めるものにあっているのかを確認することができます。

ApoKaku アポカク



予備校や塾の営業リスト作成の代表的な2つの方法についてご紹介させていただきました。

費用やスピード、ターゲットなどからどちらにも良い点、悪い点があります。

自社のあったものを選ぶように比較していただけますと幸いです。