リスト作成ツール徹底比較!ランキングTOP3

リスト作成に悩みを抱える方は多いです。

今回はリスト作成ツールについて比較したいと思います。

さらにリスト作成ツールの精度に不安を抱える方に向けて、少し説明をしたいと思います。

リスト作成についての悩みが少しでも解決できれば幸いです。

また、以下の記事にはリスト作成に関して書いてありますのでぜひご覧ください。

営業リストは自社作成が最適? リスト入手・作成方法の比較検討

リスト作成ツールのリストの精度は?

精度画像
リスト作成ツールでは営業に役に立つように、色々な検索条件で情報を比較し抽出します。

このことでリストの精度を上げるのです。

リストの精度を上げる工程により営業効率の良いリスト作成が行えます。

しかし、リスト作成ツールのリストはどれほどの精度を持っているのでしょうか?

営業リスト

営業リストには大きく2種類あります。

コールドリストハウスリストです。

コールドリストは電話帳やリスト業者のデータから抽出しただけのものです。

情報の精度の信用が低く、DMが届くのかも怪しいものです。

一方ハウスリストは自社で集めた営業リストのことを言います。

名刺リストやセミナーへの参加者など、自社に興味をもっている顧客のリストなので営業の成功率が高いです。

この情報精度の比較的高いハウスリストを増やすことが営業効率を上げることに繋がります。

しかし、自社に関心のある顧客を探すのは容易ではありません。

そこで、リスト作成ツールが必要になります。

色々な条件から抽出したリストはハウスリストの精度に引けを足らないからです。

また、営業リストの役割については以下の記事にも言及してあります。

テレアポは営業リストで成果が決まる!

リスト作成ツール比較

関連画像

リスト作成比較「ApoKaku」

リスト作成ツールの一つ目はApoKakuです。

ApoKakuは数万円/1月から利用することのできる、営業リスト作成のツールです。

以下の3つの比較ポイントがあります。


比較ポイント:豊富な検索パターン

ApoKakuは約100万件のデータベースからリスト作成を行います。

ニーズに応えられる企業情報が詰まっており、そこからリスト作成を行います。

検索パターンが豊富で、都道府県業界、資本金、売り上げ、従業員数などの基本的な検索方法に加え、特定の求人媒体の指定や、プレスリリースサイト、ニュースサイトの掲載実績からも指定して検索できます。

他のリスト作成ツールではあまりない、法人・消費者向けサービスでの条件指定も、ApoKakuでは可能です。


比較ポイント:初期費用0、低コスト

ApoKakuは、初期費用が0円、月額は数万円と低コストです。

一般的なリスト作成ツールや、そのシステムの導入には初期費用として数十万円のお金がかかる場合が多いです。

月額料金のみの請求は初期費用がないため、より簡単に導入ができます。


比較ポイント:様々な料金体系

ApoKakuではお客様の営業規模に合わせた料金体系を選択できます。

個人の事業主から大企業まで、幅広くのお客様が使いやすいように料金体系があります。

例えば、上限のリスト件数に合わせた料金プランを選択することができます。

最も小さなものであれば、750件/月で数万円のプランがあります。

以下がApoKakuのホームページです。ApoKaku

リスト作成ツール2位「リスタ」

リスト作成ツール2つ目はリスタです。

比較ポイントは以下の3つです。


比較ポイント:キーワードの設定

リスタでは、欲しいリストの業種や職種のキーワードからリスト作成を行えます。

この検索方法により、低コストで多量のリスト作成を行うことができます。


比較ポイント:最新の情報の取得

webを参照することで最新の情報からリスト作成を行うことができます。

従来のリスト作成ツールではデータベースを参照してリスト作成を行っていました。

それに比較すると最新の情報を手に入れられれば、大きなアドバンテージを持って営業活動に専念できます。


比較ポイント:精度を高めるリスツール

リスタには「リスツール」というツールがついています。

リスツールによって、作成したリストの精度をさらに高められます。

導入前から会社に持っていたリストもブラッシュアップすることができます。

自社にあったリストを手に入れられます。

以下がリスタのホームページです。リスタ

リスト作成ツール第3位「Urizo」

リスト作成ツール3つ目は Urizo です。

比較ポイントとして以下の2点があげられます。


比較ポイント:幅広いデータ参照元

urizoは幅広く利用されているiタウンページに加え、ホットペッパーやぐるなび、enジャパンなどの求人サイトにも対応しています。

幅広い対応サイトにより、様々な業種の会社に対応できます。


比較ポイント:営業先が被ってしまう

Urizo は広く使われているぶんその分デメリットがあります。

他のリスト作成ツールよりも比較的営業先が被る可能性が高いのです。

他社と被りそうなリスト作成に問題があるのであれば、urizoの利用は考え直さなければなりません。

しかし、その分比較するとコストの面などではメリットがあります。

メリット・デメリットをどちらも比較しましょう。

以下がUrizoのホームページです。 Urizo

まとめ

関連画像
いかがでしたでしょうか?リスト作成によって大きく営業の成績は変わってしまいます。

それぞれの会社にあったツールの選択に少しでもお力になれれば幸いです!