企業データベースソフトTOP3 データの保管のおすすめソフトを紹介

企業データベースソフトは、企業データベース(企業データなどの情報)を保存するソフトのことです。

社内で扱えないレベルになったり、個人のパソコンではセキュリティが十分でなかったりする場合に使うことがおすすめです。

今回はその中でも特におすすめである、3つの企業データベースソフトについてご紹介したいと思います。

また企業データを集めるためのおすすめについては、以下の記事にまとめてありますので是非ご参照ください。

リスト作成ツール比較ランキング ツールの特徴のまとめ

おすすめ企業データベースソフトTOP3


関連画像

企業データベースソフト②Canbus


Canbus は、ITを利用しデータ活用を推進する経営を行うための、クラウド型の企業データベースソフトです。

現状把握と具体的な予測を補助するBIツールでもあります。

これにより堅実なビジネスを可能にします。

例えばデータの蓄積・共有、BIでの可視化を行い、新しい視点に気づかせます。

Canbusのコンセプトは、「経験と勘」×「データ活用」です。

マーケティングや営業、カスタマーサービスなどの様々な事業活動を支援します。

非常に戦略的であり、事業拡大にはもってこいです。

それでは企業データベースの中でもおすすめなポイントをご紹介します。

比較ポイント「データ活用」


企業データベースソフトの中でもデータ活用がおすすめです。

Canbushは企業データベースの中のデータ活用を貯蓄・活用・共有の3段階に分解してサポートします。

「貯蓄」では、プログラミングを必要としない簡単な方法で業務アプリ作成を可能にします。

「活用」では、契約後にお客様へのヒアリングを行い、構築から運用までをサポートします。

「共有」では、ユーザー無制限の方式をとっています。

使用頻度が少ないユーザーがいても導入しやすいです。

企業データベースの中では比較的大衆向けでおすすめです。

企業データベースソフト②kintone(キントーン)


kinntoneは業務に不可欠な企業データベースを、ノンプログラミング簡単に作れるクラウドサービスです。

例えば、顧客管理や案件管理、問い合わせ管理などに使える企業データベースを作れます。

それでは企業データベースソフトの中でもおすすめな点を3つご紹介します。

比較ポイント「簡単操作」


企業データベースの登録・共有はもちろん、グラフ化や集計までもがマウス操作のみで行えます。

外出からのデータの確認に対応しており、スマートフォンやタブレット端末での操作も可能です。

比較ポイント「Exelからの企業データベース作成」


Exel/CSVファイルをそのままWebデータベース化できます。

いちいち企業データベースを更新やアップロードしなくて済みます。

最新版の確認やファイルが重くなることを防ぐことにつながります。

また、企業データベースの変更履歴を全て記録しておく機能もあります。

比較ポイント「多数のテンプレート」


企業データベース作成に使えるテンプレートが多数あります。

操作方法も単純でクリックのみでできます。

ダウンロードしたものをカスタマイズすることもできます。

Kintoneは企業データベースツールソフトの中でも非常に使いやすくおすすめです。

企業データベースソフト③WaWa D-Be(ワワ・ディービー)


WaWaD-Be(ワワDB)商談情報・顧客情報・商品情報・クレーム情報・などの情報を共有・管理できる企業データベースツールです。

WaWaD-Be(ワワDB)は顧客情報・商談情報・商品情報・販促ツール・クレーム情報などの様々な情報を管理・共有でき流転がおすすめです。

プログラムの知識が無くてもフォームを簡単に作成でき、情報の有効活用に役立ちます。

また、自分の知りたい情報のみを更新された時に知らせてくれる機能も搭載しているので、タイムリーな情報把握に役立ちます。

それではおすすめポイントを3つご紹介いたします。

比較ポイント「様々なアプリの自由な作成」


ユーザーに合わせた企業データベースの作成ができます。

「数字」・「有/無」・「テキスト」・「一択コンボボックス」など必要な項目を登録できます。

Excelと同じイメージでレイアウトを作成できることがおすすめです。

比較ポイント「統括した情報の管理・共有」


様々な情報を統括して管理できます。

例えば顧客管理、案件管理、問い合わせ管理などです。

自由にデータ加工できる点もおすすめで、蓄積したデータをCSV入力することができます。

また、集計機能で目標進歩を共有することができ、無駄の削減につながります。

比較ポイント「必要な情報の更新の通知」


指定した情報が更新された時に通知する機能がおすすめです。

モバイルにも対応しているため、オンタイムでの情報の把握が可能です。

ApoKakuで企業データを収集しよう


関連画像
ApoKakuは企業リスト作成ツールです。

良いデータベースを見つけた後はApoKakuでそこに入れるデータの収集を依頼することができます。

なお、ApoKakuについてはいかの記事にまとめてあります。

営業用の法人名簿の作成にはApoKakuが最適なツールだ!

それでは ApoKaku3つのおすすめポイントをご紹介します。

おすすめ①「豊富な企業リスト作成の検索パターン」


約100万件のデータからリスト作成を行える企業リスト作成ツールです。

そこから豊富な検索パターンでリスト作成を行える点がおすすめです。

例えば、都道府県業界、従業員数、売り上げ、資本金などの基本的な検索方法に加えて、特定の求人媒体の指定や、プレスリリースサイトの掲載実績、ニュースサイトからも指定して検索できます。

他のリスト作成ツールでは珍しい、法人・消費者向けサービスでの条件指定もできます。

おすすめ②「初期費用0で低コスト」


初期費用が0円、月額は数万円と低コストです。

一般的な企業リスト作成ツールには初期費用として数十万円のお金がかかる場合が多いです。

初期費用がない月額料金のみの請求は、より簡単に導入ができおすすめです。

比較ポイント「様々な料金体系」


利用者の営業規模に合わせた料金体系を選択できます。

個人の事業主から大企業まで、幅広くのお客様が使いやすいように料金体系があります。

上限の件数に合わせて料金プランを変更できます。

最も低いものは、750件/月で数万円からのプランです。

以下がApoKakuのホームページです。

ApoKaku