人材業界のリスト作成にはApoKaku

前の「テレアポは営業リストで決まる」は営業にはリスト作成が大事であることを説明させていただきました。

今回の記事ではその中でもリスト作成に悩みを抱える方の多い、人材業界についてのリスト作成についてご紹介させていただきたいと思います。

人材業界のリスト作成に置いて何が重要であるのか、どのような点からリスト作成ツールを選ぶべきなのかをこの記事では紹介させていただきます。人材業界の新規営業や求人媒体の活用でお困りの営業企画や営業の方がいらっしゃれば参考にしていただけますと幸いです。

人材業界に新規開拓が必要な理由


人材画像
人材業界では求人媒体を通した成功報酬型のビジネスモデルであることが多いので、お得意様の企業と継続的に取引をしていれば問題ないと考えている方も多いです。

しかし、人材業界においても、もちろん事業を継続、発展させていくにはコンスタントに新規開拓をしていく必要があるでしょう。

求人媒体の内容に変化がなく、代わり映えがしなければ、求人媒体のホームページに訪れた方が見るものの変化もなく注目されなくなってしまうでしょう。

そうすると人材業界での自社の求人媒体への新規登録者の獲得は難しくなってしまいます。

そして、人材業界で新規開拓をすることはもう一つメリットがあります。

それは求人媒体を通して求人市場のトレンドの把握ができるということです。

新しいことを行うことで、求人媒体の現状維持に加えてさらなる成長を見込むことができるのは、人材業界だけでなくすべての業界で通じることでしょう。

人材業界の営業リスト


関連画像
営業リスト作成方法はどのような点から評価・選別することができるのでしょうか?

まず人材業界に限らず、一般的な営業リストの評価方法で考えられるのは「取得リスト数×取得項目数」です。

企業リストの場合、取得リスト数は記載されている企業数です。

取得項目数は、例えば社名や住所、法人番号や電話番号です。

次にリスト作成で重要になるのは「絞り込み」です。

上記の取得項目などから、自分たちの求める顧客にあっている(契約確率の高い)順に並べ直す作業と言い換えることもできるでしょう。

一般的な絞り込み方法をあげてみます。

顧客層


自社の顧客賞に近い、もしくはターゲットとなる顧客層にアプローチできるようにリスト作成をすれば、他のリストよりも契約率は上がるでしょう。

顧客層の絞り方には、「業種」「資本金」「売上高」「事業内容」「従業員数」「設立」「上場区分」などがあげられます。

営業手法に合わせた情報


営業手法に合わせた情報の有無の確認が必要です。

例えば、電話営業であれば電話番号、FAX送付からであればFAX番号が必要です。

エリア(営業範囲)


訪問するエリアも重要です。

特にエリアが限られている場合にはリスト作成の段階で絞り込みが必要です。

一般的には上記を満たせるリスト作成が必要最低限ということになります。

しかし今回の記事では人材業界に特に着目しています。

人材業界の商品はもちろん求人媒体を通して人を採用することです。

人材業界の人を採用したいというニーズの変化は激しいです。

採用活動においてはそれぞれの企業ごとの需要が毎日変わっているといって過言ではないでしょう。

変化する求人の需要に応えるためにも、ターゲットにマッチしているリスト作成を行えなければ、他の競合他社に遅れを取ってしまうでしょう。

そこで必要になるのが上記に加えた求人媒体にマッチする企業のさらなる絞り込みです。

今回はそれを可能にするリスト作成サービスのApoKakuについて紹介させていただきたいと思います。

ApoKakuの営業リスト作成の特徴


関連画像
ApoKakuは数万円/月から利用でき、人材業界に特化できる営業リスト作成のサービスです。

上記の基本的な営業リスト作成方法の条件に加えて、人材業界へのリスト作成方法に必要な詳しい絞り込み方法を可能にします。

また、他にも低コストや料金体系に特徴があります。

それぞれの3つの特徴について説明させていただきます。

企業リスト作成の検索パターンが豊富


ApoKakuでは約100万件のデータベースを構築しており、ほとんどの企業情報が網羅されています。

そのため、人材業界では他の企業リスト作成ツールに頼らずにApoKakuのみで作成を終わらせることができます。

そしてApoKakuは企業リスト作成ツールの中でも、検索方法のパターンが豊富な点が特徴的です。

売り上げ、都道府県業界、従業員数、資本金などの基本的な検索方法に加えて、特定の求人媒体を指定や、プレスリリースサイトやニュースサイトの掲載実績も指定して検索することができます。

他社の企業リスト作成のツールでは条件指定の難しい、法人・消費者向けサービスでの条件指定も、ApoKakuではできるようになっています。

これにより、良質で営業活動のことまでを考えた企業リストの作成を可能にします。

初期費用0、低コストの企業リスト作成ツール


ApoKakuでは、初期費用が0円、月額数万円の低コストで利用できます。

一般的には企業リスト作成ツールや、そのシステムの導入には初期費用として数十万円のお金がかかる場合が多いです。

月額料金のみの請求は初期費用がないため、より簡単に導入ができます、

営業リスト作成ツール「ApoKaku」の料金体系


ApoKaku利用者の営業規模に合わせて料金体系を変更できる仕様を取っています。

個人の事業主から大企業まで、幅広くのお客様が使いやすい料金体系になっています。

上限の件数に合わせて料金プランを変更することができ、最も低いプランであれば、750件/月で数万円からのプランがあります。

まとめ


関連画像
今回は人材業界の営業リスト作成についてお話しさせていただきました。

リスト作成の基本事項に加えてApoKakuの紹介をさせていただきました。

少しでも人材業界でリスト作成にお悩みを抱える方の手助けになれれば幸いです。

またリスト作成後の営業のコツについては以下の記事に書いてありますのでぜひご覧ください。

営業のコツはこの二つにあり!成約率を倍にする方法