セールステックとは? 7つのカテゴリを徹底解説!

セールステック(salestech)とは営業(sales)と技術(technology)を合わせた造語です。

テクノロジーの力を利用して、営業活動を効率化し、業績を伸ばす方法を意味します。

日本ではまだあまり普及していませんが欧州では特に注目されている概念です。

この記事ではセールステックの意味や種類、注目を浴びている背景について説明させていただきます。

またセールステックのメリットや導入方法については以下の記事に書いてあります。

セールステックが注目される背景とメリット

セールステック(SalesTech)とは


セールステック検索画像
金融(finance)とテクノロジーを合わせたフィンテック(FinTech)や、教育(education)とテクノロジーを合わせたエドテック(EdTech)などの〇〇テックという言葉を最近では耳にします。

AIやビッグデータなどの発展により、様々な領域でテクノロジーを使った効率化が進んでいます。

この流れが今営業領域にも及んでいます。

それが、営業(Sales)とテクノロジーを合わせたセールステック(SalesTech) です。

テクノロジーの力を使って営業活動を効率化、加速化しようとする流れを意味します。

なぜセールステックが注目されているのか


セールステックが今日本でも注目されてきているのは、働き方改革の潮流があります。

現在では、労働時間の削減により生産性の向上が叫ばれています。

効率化には最先端のIT技術を使って進められます。

今後も労働人口が減少していく日本ではより一層営業に割く人員が削減されるため、セールステックへの注目は大きくなっていくでしょう。

ITの力を借りることで人間以外にできる仕事を減らしていくことが重要です。

セールステックの7つのカテゴリ


関連画像
セールステックには「CRM」や「SFA」が代表的ですが7つの種類に分けることができます。

一つ一つについてご紹介します。

営業加速ツール


営業加速ツールは業務をデータ化し、セールステックの中で営業サイクルを短縮させることで効率化するツールです。

営業活動を継続的に支援すること、関連部署の連携を強めることなどの目的に利用されます。

また、MA(マーケティングオートメーション)とCRM(顧客関係マネジメント)との間の溝を埋める役割も果たします。

MAやCRMは営業プロセスを効率化し、営業加速ツールは営業サイクル自体を加速化させます。

顧客関係管理(CRM)


CRMは、カスタマー・リレーションシップ・マネジメントの略称であり、セールステックの中でも顧客との関係を管理する役割を果たします。

ダイレクトメールや、オンライン予約、営業活動の管理などを通じて、企業と顧客との関係の改善を目指す目的があります。

また、複数の部署の顧客データを一元的に管理し顧客との関係構築を効率化させる機能も含まれています。

顧客体験


セールステックによる顧客体験とは、webサイトに訪れた顧客対応への接客ツールを指します。

例えばwebサイトへのアクセス数や目的に適したポップアップを表示させ、顧客のオンライン体験をよりニーズに適したものにすることがあげられます。

オンライン上での顧客体験の改善により、購入機会の創出や顧客の獲得の機会の増加に役立ちます。

カスタマーサポート


カスタマーサポートの中でのセールステックは、ヘルプデスクサポートの提供やFAQサイトの管理システムにより、カスタマーサポートを最適化することを指します。

リピート販売を狙う上でのカスタマーサポートの質は重要です。

セールステックによるカスタマーサポートツールは、リピート販売やサーブスの継続使用を目的とします。

コンタクト・コミュニケーション


コンタクトコミュニケーションとは、コールセンターや音声技術、チャットツールなどを活用し、顧客との直接のやりとりの質を向上させるためのセールステックです。

顧客の質問への答えを自動化し、アポイントメントの取得を自動化するソリューションがこのセールステックに該当します。

インテリジェンス・解析


インテリジェンス・解析ツールは分析、解析により営業活動を効率化するセールステックです。

例えば、成功している営業トークを分析した後に、パターン化し営業上のデータ活用を最大化させ、売り上げを伸ばすことなどがあげられます。

他にはKPIのダッシュボード化やGUIの可視化もあげられます。

人材開発・コーチング


セールステック上の人材開発は、営業担当者のトレーニングや、コーチング、インセンティブを行うプラットフォームを提供することです。

オンライン上のeラーニングやロールプレイング、そのほかには英ギュ活動を適切に評価するツールなどがあげられます。

ApoKakuによって営業を加速させる


関連画像
ApoKaku(アポカク:http://apokaku.com/)とは、顧客それぞれに専用の営業リストを作成してくれるサービスで、インサイドセールスの業界で有名になりつつあります。

先ほどのべた営業加速ツールとしてのセールステックを利用することができます。

例えば、以下のように業務を効率化させます。


例)1人の営業マンが1か月に必要なリスト数 1人あたり最低でも1日100件の営業リストが必要だとすると 100(1人あたりのリスト数)×20(営業日)= 2000リスト

となり1人の営業マンを稼働させるのに2000リスト、10人だと20000リスト必要となってきます。

1人の営業マンにつき2000件のリストを作成するとなるとどれくらいの時間がかかるでしょうか?

手作業でリスト作成した場合を考えてみましょう。

「社名」「電話番号」「住所」「業界」「設立日」などの営業対象かどうか見極めるのに必要な情報を集めるのに1社2分かかるとすれば、2000×2分=4000分≒66.7時間となり1人の営業マンの月間の労働時間の約42%(1か月の労働時間は160時間)をリスト作成に費やすことになります・・・・

これをApoKakuを利用することで、AIによって効率化することができます。


また、ApoKakuでは条件指定したデータと、貴社専用のクローラーで抽出したデータにより、アポ率・成約率の向上が見込めます。

貴社専用のリストのため、業界に出回っているリストに比べ高い反響が見込めます。

まずはアポカクに問い合わせをして資料請求やベーシックプランの相談してみましょう。
ApoKaku アポカク
また、ApoKakuについてはいかに詳しく書いてありますのでご参考ください。

企業リスト作成ツールにはApoKakuが最適な理由