ビッグデータの収集、活用の課題〜注意点を理解して企業活動に活かす〜

最近ではビッグデータという言葉をよく耳にするようになりました。

ビッグデータとは簡単に言えばインターネット上で収集される莫大な情報のことです。

企業活動において、ビッグデータは今非常に価値があります。

ビッグデータを収集して、活用することで、これまでにない切り口や発想を得ることができるのです。

しかしそのためには、単に集めるだけでなく、統計的な処理を行うことや、可視化をしてデータをわかりやすい情報へと変換することも必要になります。

分析前のデータマネージメントのプロセスには、概ね下記の3つのステージがあります。

  • 1. データの収集と蓄積
  • 2. データの抽出とクリーニング及び分類
  • 3. データの統合

このようなプロセスを経たあと、ビッグデータとして分析が可能となります。

またビッグデータの収集ツールとしてはwebクローラーが代表的なものでありますが、以下の記事ではそのwebクローラーについて書いてありますのでぜひあわせてご覧ください。

ビッグデータ収集ツール:
webクローラーの基礎知識!種類や機能、特徴を紹介します!

レビューを収集するにはクローラーを使おう!レビューマーケティングを使いこなしたビジネス!

ではビッグデータの収集活用にはどのような困難、課題が含まれているのでしょうか?

ビッグデータ収集や活用に対する企業の課題


ビッグデータの収集やその分析、活用に置いて企業の担当者は様々な悩みを抱えています。

例えば、データの収集に時間がかかる、分析が表面的なものになってしまうなどです。

分析ツールを使ってみても、データの取り込みが甘かったり、データの加工が面倒であったりと、Excelでの分析と変わらなくなってしまったという話も耳にします。

データの収集がうまく行かず、思ったような分析ができないと言った悩みを抱えている企業の担当者の方は多いのです。

現在ではビッグデータの分析、活用に取り組んでいる企業の方は以下の三つの課題を抱えている場合が多いです。

  • ・ビッグデータの整備
  • ・ビッグデータの保管
  • ・ビッグデータの分析

それでは一つずつ見ていきましょう。

ビッグデータの整備


ビッグデータの整備のためには、ビッグデータの収集のためのプラットフォームやシステムが必要です。

そして、それらは社内で共通して必要なものと言えるでしょう。

しかし、現在の日本ではシステム部門、営業部門、マーケティング部門、人事部門などの部門ごとで共有されていない場合が多いです。

収集したビッグデータを効率よく分析、活用していくためにはこれらの壁を取り払う必要があるでしょう。

これが課題の一つであるデータの整備を成功させる鍵になります。

ビッグデータの保管


収集したビッグデータの中には情報漏洩に気をつけなければならないものがたくさんあります。

例えば、顧客情報などがその例に当たるでしょう。

企業の扱うものの中では、顧客情報が多くを占めますので、ここでトラブルを起こさないように気をつけなければなりません。

顧客情報のトラブルによって事業運営をできなくなる例も今までにはたくさんありました。

最も重要な課題の一つに収集したデータの保管が挙げられます。

セキュリティ対策をもれなく行い、かつ必要な時に必要なデータを取り出せるようにしておくことが必要です。

ビッグデータの分析


整備、保管をした上で、収集したビッグデータの分析のフェーズに入ることができます。

ビッグデータをリアルタイムで分析することが必要になります。

もしそれができなければ、他社にデータの活用において勝つことはできなくなるでしょう。

ですので、大きな労力が必要になります。

しかし、むやみに多くの人員を投入するのではなく、それを取りまとめる段階のことを考えながら、最適な人員を配置していかなければなりません。

データの鮮度を保つために、分析と取りまとめを考えていきましょう。

TechOrderを使いビッグデータを活用した企業の情報分析をスマートにおこなう!


いかがでしたでしょうか?
ビッグデータの基本的な知識をこちらの記事では紹介いたしました。

しかし、ビッグデータの収集、活用は急に始めるのは大変難しいです。

外注をしてしまい、企業の活動として無駄な部分を省き効率的な経営を行うこともできます。

例えばTechOrderという会社ではクローラーを開発して、インターネット上のデータを集めます。

TechOrderでは、AIを活用し【必要な情報だけをWeb上から取得するWebクローラー】を開発します。

インターネット上の情報は、ほぼ全て自動取得が可能です!

例えば、こんなご要望にお応えします。

  • ・あのサイトに掲載されている企業情報を収集して、営業リストを作成したい
  • ・あのサイトの価格情報を収集して、分析資料を作成したい
  • ・大手不動産ポータルサイトに掲載されている物件情報を収集し、市場調査したい

もしこのようなご要望や、似たようなビッグデータを利用したビジネスを行いたい要望があれば、ぜひ連絡してみましょう。

まずはTechOrderに問い合わせをして資料請求やベーシックプランの相談してみましょう。

TechOrder

お問合わせはこちらから
http://techorder.jp/