営業代行と営業派遣の違いを徹底解説

営業代行と営業派遣ってなにが違うの?


営業代行と営業派遣って何が違うのか?疑問に持つ方も少なくないですよね。


営業代行と一口に言っても、新規顧客獲得のためのテレアポやメールを代行してアポイントに繋げるサービスもあれば、そこからクロージングまでを担当してくれるサービスなどもあります。そもそも営業部隊を0から立ち上げる、という依頼も可能です。


一方で、営業派遣は営業事務的なことを依頼できる方々を指します。


名前は似ていますが、特徴は全く異なります。自社がどのポジションを補いたいかによって、どちらを選ぶべきか決まってきますが、そもそも違いを理解していないとどちらを選ぶべきか判断ができません。


営業代行とは


営業代行とは、簡単に言うと営業部隊の業務委託です。営業代行のサービス内容は、頼もうと思えば全ての営業活動を外注することが可能です。


営業代行のサービスは


  1. ・リスト作成
  2. ・テレアポ
  3. ・メールでのアポ取り


などのプロセスがメインになります。


営業代行会社によってサービス展開は様々なので、組織設計や展示会、web広告などのマーケティング活動、既存顧客のアップセルまで代行して行う会社もあります。


つまり、営業代行会社へは営業部門全てを依頼することが可能なのです。

ただし、その場合の費用感は規模感に応じて異なります。


また、営業代行会社のタイプやサービス展開により、可能な業務範囲は異なります。


営業派遣とは


営業派遣とは、営業スタッフを派遣会社からその企業に適した人材を派遣してもらうことです。営業業務を手伝ってもらうといったイメージです。


営業派遣は具体的には営業事務のような役割で、マネジメントは社内で行う必要があります。自社に営業ノウハウがないと、まず活用することは無理でしょう。派遣される人材にもよりますが、時給換算すると大体2,000円〜/1時間と見積もっておくと良いでしょう。


営業業務をアウトソースするといった点では営業代行と同じですが、営業の専門知識や営業マネジメントまで委託したいのか、それとも誰がやっても同じ業務の人的リソースを補いたいのか、目的によって異なります。


営業代行と営業派遣のメリットとデメリット


上記でも説明した通り、営業代行と営業派遣は一見同じようなサービスかと思いますが、全く違うことがわかりました。自社にとって、どちらがマッチしているかどうか、見極める必要が必要です。


営業代行と営業派遣、それぞれのメリットとデメリットを理解することで適切な選択ができるようになります。



メリット

デメリット

営業代行

・営業経験豊富な人材を簡易に確保できる

・自社の営業活動の課題が明確化する

・営業代行先でマネジメントまでしてくれる

・継続利用が必要になる可能性がある

・自社の営業活動より費用が高くなる可能性がある

営業派遣

・すぐに人的リソースを確保ができる

・安価に済むことが多い

・マネジメントは派遣先(自社)で行う

・あくまで「派遣」なので、営業プロが派遣されるわけではない


メリットの比較


営業代行と営業派遣は、人的リソースをすぐに確保できるという面では同じですが、同じメリット出あっても


  1. ・指揮命令権
  2. ・知識・ノウハウの有無


この2点が、ポイントになると言えます。


営業代行だと、会社に適した知識やノウハウを持った営業部隊を、そのまま活用できるので成果を上げることにコミットしてくれます。


一方で営業派遣は、会社が求めている人材を確保して派遣してくれますが、知識やノウハウは営業代行ほどではないと言えます。


デメリットの比較


営業代行は自社での勝ち方(成果の上げ方)を知っているので、フィットすれば成果を上げ続けてくれますが、依頼を止めた途端、成果が上がらず結局依存が必要になるなどのことが懸念されます。


一方で営業派遣は、営業プロが必ず派遣されるわけではないので、導入したところで成果が上がることが見込めない上に、マネジメントは派遣先(自社)なので、ノウハウがなかったら使い物になりません。


完全に営業活動の方針や、やり方が決まっているのであれば、営業派遣でも十分に力を発揮してくれますが、新規マーケットなどの戦略や戦術を含めて営業活動を行うのであれば、営業代行への依頼の方が良いでしょう。


営業代行と営業派遣の両方のメリットを享受できるAI営業マンDaniel(ダニエル)


daniel(ダニエル)は、人力よりも営業活動における維持費を削減する事ができる上に、売上向上にも貢献する事ができる、最先端のAI営業マンです。

各ターゲットの問い合わせフォームから自動送信する事で、アポ獲得を半自動化することができます。


営業代行会社と営業派遣の最大のメリットとしては、すぐに人的リソースを補うことができる点が挙げられますが、営業ツールの導入もそのメリットを享受できます。


営業ツールの導入は、人力では実現できないレベルの見込み顧客を、自動で獲得する事ができます。

加えて、重要でありながらもっとも面倒である、リスト作成や見込み客を集める作業工数をまるっと削減できるので、既存の営業メンバーがクロージング業務にしっかりと工数をかける事ができます。


この方法は、最も外注費をかけることなく、利益率を高められる方法なので、低コストでアポ取りができてしまうのです。


要するに営業ツール導入は、営業代行会社や営業派遣に依頼するより、圧倒的に格安で質が高いのです。営業代行会社や営業派遣はどうしても人力なので、営業ツールは圧倒的にコストを抑える事ができます。


初期費用がかからず、他の業務に割く時間や手間もない企業におすすめのツールです。


まとめ

今回は、営業代行会社と営業派遣の違いについて解説しました。


営業代行会社や営業派遣の活用がマッチした場合は、成果が見込めますが、その両方のメリットのいいとこ取りをしたい場合は、ダニエルの導入がオススメです。


営業代行会社や営業派遣に依頼したいけれど、費用はなるべく抑えたいという企業は少なくないはずです。


営業代行会社への依頼を検討する際は、営業ツールであるdaniel(ダニエル)の導入も一緒に視野に入れてみてはいかがでしょうか。

Powered by Froala Editor